【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志/十徳

   

Sponsored Link

あらすじ

御隠居が着ている服の名前は十徳だと教えて貰った。

その名の由来を聞くと、立った姿を前から見ると衣のごとく、座った姿を後ろから見ると羽織のごとく……
ごとくとごとくで十徳だと。

「よし分かった、みんなに教えてやらあ!おう、あの服をどうして十徳って言うか知ってるか?」

「知らねえなら教えてやらあ、いいか、立った姿を前から見ると衣のようだ、座った姿を後ろから見ると羽織のようだ、ようだとようだで、やあだ?」

「あれ!もう一回やるぞ、立った姿を前から見ると衣みたい、座った姿を後ろから見ると羽織みたい、みたいみたいでむたい。」

「なんだおめえ!眠たいのか? 布団敷くか?」

「いや、そうじゃなくて、えぇと、立った姿を前から見ると衣に似たり、座った姿を後ろから見ると羽織に似たり、にたりとにたりで、うん、これはしたり。」

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 子ほめ

あらすじ 人間がおめでたくできている熊公が御隠居のところに、人にただ酒をのまして …

立川談志 蜘蛛駕籠(蜘蛛駕篭)くもかご

『住吉駕籠』(すみよしかご)または『蜘蛛駕籠』(くもかご)は古典落語の演目の一つ …

立川談志/真田小僧
立川談志/二十四孝(にじゅうしこう)

『二十四孝』とは、古典落語の演目の一つである。主な噺家は桂文治 (10代目)など …

立川談志/五人廻し

上方ではやらないが、吉原始め江戸の遊廓では、一人のおいらんが一晩に複数の客をとり …

■立川談志/お化け長屋

1985年 東陽町・寄席若竹にて

立川談志/明烏

あらすじ 遊びを知らない堅物の息子の時次郎の将来を心配した商家の旦那が、源兵衛と …

立川談志/権兵衛狸
■立川談志 三軒長屋

【落語】立川談志『三軒長屋』 あらすじ 三軒長屋の両端に鳶の頭と剣術の楠木先生、 …

立川談志 洒落小町

★聴き比べ ⇒ 三遊亭圓生(六代目)洒落小町 あらすじ ガチャガチャお松が、亭主 …