【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭百生(二代目)十徳

   

Sponsored Link

十徳とは

近世に男子が小袖の上に着た垂領(たりくび)型の上衣。

もとは直垂(ひたたれ)系のものからでたと考えられるが、形の上では直綴(じきとつ)、胴服(どうぶく)と密接な関係があり〈じっとく〉という名称も「じきとつ」のなまったものだといわれ、のちの羽織の原型をなすものの一つと目される。

二幅(ふたの)(約68~76cm)の広袖で、胸ひも、菊綴(きくとじ)があり、両わきは縫いふさいである。

元来は家の中で小袖の上にはおって着る私服であったと思われるが、江戸時代になってからは中間、小者の服装として、十徳四幅袴(じつとくよのばかま)、すなわち下に四幅のたっつけのような袴をはき、その上へ布の十徳を放着(はなちぎ)にして帯をするのがきまった形となった。

Sponsored Link

 - 三遊亭百生(二代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

三遊亭百生(二代目)hyakusyou
三遊亭百生(二代目)景清

プロフィール 2代目三遊亭 百生(1895年10月3日 – 1964 …

三遊亭百生(二代目)hyakusyou
三遊亭百生(二代目) 天王寺詣り

天王寺詣り(てんのうじまいり)は上方落語の演目の一つ。 笑福亭一門のお家芸の一つ …

三遊亭百生(二代目)hyakusyou
三遊亭百生(二代目) 崇徳院

恋患い~この病気から噺が始まる。 熊さんの出入りの大店の若旦那が病気になり、小さ …

三遊亭百生(二代目)hyakusyou
三遊亭百生(二代目) 明石名所

     

三遊亭百生(二代目)hyakusyou
三遊亭百生(二代目)豊竹屋
三遊亭百生(二代目)hyakusyou
三遊亭百生(二代目)八五郎坊主

八五郎坊主(はちごろうぼうず)は上方落語の演目名である。 あらすじ 八五郎が甚兵 …

三遊亭百生(二代目)hyakusyou
三遊亭百生(二代目)舟弁慶(船弁慶)
三遊亭百生(二代目)hyakusyou
三遊亭百生(二代目)田楽喰い(ん廻し)

田楽喰い(でんがくぐい)は、寄合酒(よりあいざけ)の後半として独立して演じられる …

三遊亭百生(二代目)hyakusyou
三遊亭百生(二代目) 代書屋
三遊亭百生(二代目)hyakusyou
三遊亭百生(二代目)鮑のし(あわびのし)

鮑のし(あわびのし)は、古典落語の演目の一つ。『鮑貝(あわびがい)』『祝いのし』 …