【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

春風亭柳枝(八代目)十徳

   

Sponsored Link

あらすじ

八つぁんが仲間と床屋で油を売っていると、その前を変わった着物を着て隠居が通って行った。みんなはそれが何だか解らなかったが、八つぁんは分かっていると言ってしまい、恥をかきそうになったので隠居の所に聞きに来た。

あれが何てぇものか教えて欲しいというと、

「茶人や俳人が良く着るという、『十徳』だ」と教えて貰った。で、そのいわれを聞くと「それは知らないよ」と、つれない返事。
無理無理に聞くと、困った中から

「わしがこれを着て立ち上がると、スソにひだがあるだろ、だから衣の如く。座るとスソが広がるだろう、で、羽織の如くだ。合わせて如く如くで十徳だ」

「え、何でごとごとで、十徳なんです?」。「立つと衣の如く(五徳)、座ると羽織の如く(五徳)だ」

「両手を出して数えるんですか」と、教わった。

他にも話があって、”両国橋”の言われも、武蔵国と下総国の両国を繋いだから、両国橋だ。と説明を受けた。

同じように”一石橋”も、最初は一石橋と言わず”八つ見橋”と言った。その訳は橋が多いところだったので、八つの橋が見えたところから、その様に言われた。

では、それがなぜ一石橋になったのか、と訪ねると、

「ある時大雨が降って橋が流されてしまった。それでは不便であろうからと、橋の北、金吹町にお金・後藤、南の呉服町に呉服・後藤の両家の援助で架橋された。そこで後藤(五斗)と後藤(五斗)で合わせて一石。一石橋と名づけられた」

それはいい話を聞いたと、床屋にとって返した。

みんなの前で知識をひけらかして

「あれは十徳だと胸を張った。で、そのいわれを聞いてくれ」

「やだよ」

「頼むから聞いてくれ」と言う訳で話し出す。

「まず、両国橋のいわれは知っているか」

「そんなの子供でも知っているよ」

「では一石橋のいわれは知っているか」

「そんなの二軒の後藤さんが架けたので一石橋だ。違うか」

「う~~」

「それでは十徳のいわれだ。立ち上がると、衣のようだ。座ると羽織のようだ。ようだとようだで『や~だ』。あれれ、足りなくなってしまった。まてまて、立つと衣みたい。座ると羽織みたい。みたいみたいで『六たい』」

「むたいで、眠たいのかい」

「いや、そうじゃなくて、えぇと、立った姿を前から見ると衣に似たり、座った姿を後ろから見ると羽織に似たり、にたりとにたりで……

うん、これはしたり。」

十徳羽織とは

和服で長着の上からはおる外衣の一種。羽織にちかい形状をしているが、生地に絽を用い、紐は地に縫いつけ、腰の部分に襞をとってあるなど、独特の仕立てになっている。広袖とも呼ぶ。
鎌倉期ごろにあらわれ、平装として用いられたが、江戸期に入って僧侶、医師、絵師、儒者、茶頭などの正装に定められた。着流しもしくは長袴の上に着用する。
現在でも町人系統の茶道においてさかんに用いられる。

img2163

img2164
[出典:Wikipedia]

Sponsored Link

 - 春風亭柳枝(八代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

春風亭柳枝(八代目)甲府い

[落語でブッダ1-収録]

春風亭柳枝(八代目)節分
春風亭柳枝(八代目)高砂や

かつては8代目春風亭柳枝や6代目春風亭柳橋などが演じ、現在は10代目柳家小三治が …

春風亭柳枝(八代目) 金明竹
春風亭柳枝(八代目) 熊の皮

. 小咄から発展したものであり、江戸期の文献では、 1773年(安永2年)に出版 …

春風亭柳枝(八代目) ずっこけ
春風亭柳枝(八代目)元犬

あらすじ 浅草蔵前の八幡さまの境内に、珍しい純白の戌が迷い込んだ。 近所の人が珍 …

春風亭柳枝(八代目)宮戸川(お花半七馴れ初め)

宮戸川とは、現在の隅田川のうち、浅草周辺流域の旧称である。噺の前半のみを演じた場 …

春風亭柳枝(八代目)山号寺号(恵方参り)

別名:恵方参り 昭和33年(1958年)録音 貴重な歴史的音源です あらすじ 商 …

春風亭柳枝(八代目) 堪忍袋