【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

★三遊亭圓生(六代目)三年目

   

Sponsored Link

三年目(さんねんめ)は古典落語(江戸落語)の演目の一つ。
4代橘家圓喬(たちばなやえんきょう、1865年~1912年)が得意とした噺で、5代三遊亭円生(さんゆうていえんしょう、1884年~1940年)、6代三遊亭円生(1900年~1979年)に受け継がれた。
大阪でも同様の噺があり、「茶漬幽霊(ちゃづけゆうれい)」という。

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

★三遊亭圓生(六代目)樟脳玉(しょうのうだま)

落語 樟脳玉 六代目三遊亭圓生 あらすじ お人良しで気が弱く、正直者で愛妻家の捻 …

★三遊亭圓生(六代目)肝潰し(肝つぶし)

『肝つぶし』(きもつぶし)は、上方落語の演目の一つ。主な噺家は二代目桂ざこば、六 …

★三遊亭圓生(六代目)初音の鼓

落語 「初音の鼓」 三遊亭圓生 あらすじ さる殿様のお城に使える三太夫は、来る度 …

★三遊亭圓生(六代目)しの字嫌い・紙入れ

落語  「しの字嫌い/紙入れ」 三遊亭圓生 しの字嫌い(しのじぎらい)は古典落語 …

★三遊亭圓生(六代目)髪結新三(かみゆいしんざ)

紀伊国屋文左衛門の番頭であった庄三郎は紀伊国屋が傾いてきたのを察知して独立した。 …

★三遊亭圓生(六代目)首提灯【芸術祭文部大臣賞受賞】

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、安永3年(1774年) …

★三遊亭圓生(六代目)転失気(てんしき)

落語 三遊亭圓生 転失気 ある寺の住職は負け惜しみの強い方。知らないと言うことが …

★三遊亭圓生(六代目)百年目

あらすじ 大店(おおだな)の旦那は番頭に店を任せて商売には口を出さないと言うのが …

★三遊亭圓生(六代目)遠山政談

奉行・遠山金四郎が在職中に変わった事件があった。 石町二丁目に越前屋という生薬屋 …

★三遊亭圓生(六代目)二階の間男(二階借り)

落語 「二階の間男」 三遊亭円生 『二階借り』は、落語の演目。艶笑物。『茶漬間男 …