【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎/赤いへや

      2020/10/27

Sponsored Link

ありとあらゆる、道楽にも倦み果てた連中たちが、赤いもうせんを敷き詰めた真っ赤な部屋に、集まっている。

この話を「告白」するためだけに、自分は、ここへ入会したのだと、一人の落語家が、ポツリポツリと語りだす……

ある夜、ホームレスの老人をうっかり引っかけてしまったと、タクシーの運転手が、あわてて駆け寄ってきた。迷わず、町内でもヤブ医者で有名な医院を紹介する。
すぐ近くの著名な外科医が居る病院の代わりに。
まもなく、ホームレスの老人の死を知る。
それ以来、落語家は、いわゆる「プロバビリティ(確率)の殺人」に病みつきになるのだ。

電線の被覆の剥げた部分に、立ち小便している少年をけしかけて、
「坊や、そこにかけてごらん……」と、罪のない子供を、感電死させたり、水面のすぐ下に大きな岩が潜んでいるのを、わざと、黙っていて、そこに友人をダイビングさせたり、線路を渡ろうとしている老婆を、「あぶない!」と、声を掛けることによって、わざとセカしたり……

こうして、99人まで、無差別の完全犯罪を成功させてきた。
だが、この殺人ゲームにすら、もう、飽きてきた……

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家喬太郎/午後の保健室

ある中学の午後の保健室、やったらおっさん臭い喋りをする男が一人、ベッドで横になり …

柳家喬太郎/落語の大学
■柳家喬太郎/歌う井戸の茶碗(井戸の茶碗改作)

2010年1月27日「赤坂BLITZ寄席LIVE」にて

■柳家喬太郎/夜の慣用句

落語 柳家喬太郎 「夜の慣用句」 夜の慣用句(よるのかんようく)は、柳家喬太郎に …

柳家喬太郎/東京タワー・ラヴストーリー

あらすじ 38歳独身、彼女なし。北海道の田舎から出てくる可愛い女の子と初デート! …

柳家喬太郎/うどん屋

あらすじ 江戸の夜、市中を流して歩いていたのが「うどんや」さん。 大勢の客に当た …

柳家喬太郎/仏馬(ほとけうま)

あらすじ ある寺の坊主の弁長が本堂建立の勧進のため小坊主の珍念を連れて町へ出た。 …

柳家喬太郎/紙入れ

紙入れ(かみいれ)は、古典落語の演目の一つ。 いわゆる「艶笑落語(バレ噺)」であ …

柳家喬太郎/諜報員メアリー
柳家喬太郎/反対俥(はんたいぐるま)