【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)雨乞い源兵衛

      2019/06/24

Sponsored Link

雨乞い源兵衛(あまごいげんべえ)は、上方落語の演目の一つ。
大阪市生まれの落語作家・小佐田定雄の新作落語。
主な演者には、2代目 桂枝雀などがいる

あらすじ

四十日間も日照りが続き、何もかも干上がってしまった村があった。
二人の百姓が日干しとなった田畑でぼやいていると、堤の上を庄屋が通りかかる。
話を聞くと、村人の一人である源兵衛の家へ向かっているのだとか。
源兵衛の家に着いた庄屋は、出てきた源兵衛に『雨乞いをしてくれ』と命令した。

何でも、百三十年ほど前に同じような日照りがあり、困った村人が日頃から村中のものに金を借りていた怠け者に金を返せと詰め寄ったらしい。
自棄になった怠け者は、「俺が雨乞いをしてやる」と言って氏神様の社にこもり…本当に雨を降らせてしまった。

「その家へ行きなはれ!」「…だからお前の家へ来たんや」あろうことか、その怠け者は源兵衛の四代前のご先祖様だったのだ。
雨乞いができなければ四代前の借金を返せ、両方できなかったら袋叩きにする…と言われ源兵衛泣きそうに。
恐ろしい家に生まれてきた…と源兵衛が後悔していたその夜…なぜか村に雨が降った。
ちょうど乾期の切れ目だったらしい。

翌日、なにもやってないのに雨が降ったと、ポカンとしている源兵衛のところへ庄屋が迎えに来て屋敷へ連れ込み下へも置かぬ大歓迎。
源兵衛もすっかり気をよくしたが…今度は雨が十日も降りやまなくなったしまった。
また庄屋が源兵衛の家に飛び込んで来て、降り止さなかったら上の池へ放り込むと脅迫する。

「もし降りやませたら、娘のお花をと祝言を上げさせ、うちの婿に取る」――このお花と言うのが《鬼瓦》という二つ名を持つとんでもないブス。
源兵衛完全に追い詰められてしまった。
そして、その夜…不意に雨がやんだ。
どうやら雨季の切れ目だったらしい。

翌朝、庄屋とお花が源兵衛の家へ向かいに来ると、なぜか家はもぬけの殻になっていた。
…どうやらお花怖さに夜逃げしてしまったらしい。
「お花が振られるのも無理はない、相手は雨乞いの名人じゃ」

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂枝雀(二代目)植木屋娘

  あらすじ お金持ちの植木屋さん夫婦には一人娘がありました。みつという娘は年頃 …

桂枝雀(二代目)はてなの茶碗(茶金)

はてなの茶碗(はてなのちゃわん)は、上方落語の演目の一つ。東京では「茶金」の名で …

桂枝雀(二代目)寝床

    寝床(ねどこ)は落語の演目の一つ。原話は、安永4年(1775年)に出版さ …

■桂枝雀(二代目)花筏

あらすじ 提灯屋の七兵衛の家を、知り合いの相撲の親方が訪ねてきた。 聞けば、患っ …

桂枝雀(二代目)蔵丁稚(四段目)

『四段目』(よだんめ)は、古典落語の演目の一つ。上方では『蔵丁稚』(くらでっち) …

桂枝雀(二代目)次の御用日

次の御用日(つぎのごようび)は上方落語の演目の一つ。 江戸落語では「しゃっくり政 …

■桂枝雀(二代目)蛇含草(そば清)

あらすじ 夏のある日。一人の男が甚平を着て友人(東京では隠居)の家に遊びに行った …

■桂枝雀(二代目)舟弁慶(船弁慶)

あらすじ ある日、喜六が家でぼんやりと留守番をしていると、友人の清八が「涼みがて …

■桂枝雀(二代目)口入屋

  口入屋(くちいれや)は、上方落語の演目の一つ。東京でも「引越の夢」という題で …

■桂枝雀(二代目)春風屋

年が明けてめでたいことじゃ。こんな時には酒に限る。ちらちら降り出したな、雪見酒。 …