【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)雨の将棋

   

Sponsored Link

Sponsored Link

将棋好きの二人、今日も将棋で遊んでいたが、「待ったなし」でいこうと決める。
しかし、一人が、早速、「待った」を願うが、相手は断る。
すると、四、五年前の暮れに金を貸したことを恩に着せようとしたので、お互いに相手をけなし、大喧嘩になって、将棋はささないといって別れてしまう。
しかし、二人とも好きな将棋が出来なくなって寂しい限り。
数日雨が降ると、将棋をしたくてたまらない。
一方が煙草入れを忘れたからとりに行くといって、雨の中を出かける。
相手も店の中で待っているが、お互い気まずくて話しかけられない。
貯まらなくなった一人が、つい声をかけてしまう。
二人で「ヘボ将棋」などとけなしあうが、結局「じゃ、一番勝負してみるか」と、やっぱり将棋をすることになる。
喧嘩をした時に将棋盤をひっくり返したので、王様の駒がなくなっている。
近くに黒い物があったのでそれで間に合わそうとする。
女房が「さっき殺した油虫」だと注意するが、亭主はそれで代用する。
勝負が始まるが、王様が無くなっている。
女房に聞くと、今動いていた、油虫が生き返ったとのこと。

「もう、将棋はやめだ」
「冗談言っちゃいけねえよ。王手だよ」
「王手だって、無いものはしょうがねえじゃねえか。どこ行っちゃったんだかしらねえけれども…
わあ~っ、股ぐらに入って来やがった。王様かなわないもんだから、金の後ろに逃げたんだ」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)文違い

あらすじ 内藤新宿の女郎お杉には馴染み客として日向屋の半七、田舎客の角蔵が贔屓に …

古今亭志ん生(五代目)子別れ(上・中・下)

子別れ(こわかれ)は古典落語の演目の一つ。 柳派の初代春風亭柳枝の創作落語で、3 …

古今亭志ん生(五代目)ふたなり

『ふたなり』は古典落語の演目の一つ。ふたなり(二形・半陰陽)をテーマとしている。 …

古今亭志ん生(五代目)天狗裁き

『天狗裁き』(てんぐさばき)は、古典落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである …

古今亭志ん生(五代目)井戸の茶碗

井戸の茶碗(いどのちゃわん)は古典落語の演目。井戸茶碗とは当時珍重された高麗茶碗 …

古今亭志ん生(五代目)塩原多助一代記~道連れ小平

塩原多助序 上州沼田に300石の田地を有する豊かな塩原家の養子多助は、養父角右衛 …

古今亭志ん生(五代目)黄金餅

『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …

古今亭志ん生(五代目)もう半分

もう半分(もうはんぶん)は、落語の演目の一つで怪談話(三遊亭圓朝作 ) 別名「五 …

古今亭志ん生(五代目)蒟蒻問答(こんにゃく問答)

あらすじ 八王子在のある古寺は、長年住職のなり手がなく、荒れるに任されている。 …

古今亭志ん生(五代目)五銭の遊び(白銅の女郎買い)

あらすじ 吉原は女郎の格がピンからキリまでありますが、お金さえあればどんなに楽し …