【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 穴どろ

      2015/07/19

Sponsored Link

穴どろ(あなどろ)は古典落語の演目の一つ。
原話は、嘉永年間(1848年~1854年)に出版された笑話本・「今年はなし」の一遍である『どろ棒』。

主な演者には、8代目桂文楽や林家彦六、5代目古今亭志ん生などがいる。
⇒ 3代目春風亭柳好が最期に演じた噺

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) へっつい幽霊

竃幽霊(へっついゆうれい)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永2年(1773年) …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 亭主関白

別題:替わり目/元帳 SP盤歴史的音源 もとは『替わり目』というサゲからつけた題 …

no image
古今亭志ん生(五代目) 搗屋幸兵衛(つきやこうべえ)

あらすじ 家主の幸兵衛が、今朝も長屋を一回りして、小言を言って家に戻ると、空家を …

no image
古今亭志ん生(五代目) 大工調べ

大工の棟梁・政五郎が、仕事に行こうと与太郎を呼びに行くと、一両八百文たまった家賃 …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目) まんじゅうこわい(饅頭怖い)

あらすじ 町で若者の寄り合いがありました。次から次へ恐いものを言い合いました。 …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。上方落語では『高津の富(こうづの …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
■古今亭志ん生(五代目) おかめ団子

あらすじ 麻布飯倉片町に、名代のおかめ団子という団子屋がある。 十八になる一人娘 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 犬の災難

『猫の災難』という噺の猫を犬に替えたもの。 鯛ではなく、隣に届いた鶏を預かったと …

志ん生74歳sinshokokon
■古今亭志ん生(五代目) 昭和39年(1964年) 74歳の映像

志ん生が74歳の時に紫綬褒章を受章した後、NHKのスタジオで「鰍沢」を演じた後の …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)今戸の狐

こつ(千住)、ばくちの狐など、分かりにくい言葉が多いので、マクラで志ん生はこれら …