【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂枝雀(二代目)青菜

   

Sponsored Link

青菜(あおな)は、古典落語の演目の一つ。上方・江戸とも同じ名である。

あらすじ

初夏のさわやかなある日、隠居が出入りの植木屋と話をしている。植木屋はすっかり仕事を終えて片付けようとしているところ。

「ああ、御苦労さんじゃな。植木屋さん、こっち来て一杯やらんかいな」

「へえ。旦那さん。おおきにありがとさんでございます」

「一人で飲んでてもおもろあらへん。植木屋さん相手に一杯飲もうと用意してましたのじゃ。どや、あんた柳蔭飲まんか」

「へっ! 旦那さん、もうし、柳蔭ちゅうたら上等の酒やおまへんか。いただいてよろしいんで?」

「遠慮せんでよろし。こうして冷やしてました。さあ、注いだげよ」

「こら、えらいありがたいことでおます」と、柳蔭(上等の味醂酒)を御馳走になり、「うわあ、いい酒でんなあ」
とすっかりいい気分のところへ、ご隠居は「鯉の洗い食べてか」と鯉の刺身を勧める。

植木屋は「へえっ! こらえらいもんを! 鯉ちゅうたら、もうし、大名魚言うて、わたいらのようなもん、滅多に食べられまへんで」とこれまた鯉も御馳走になる。

旨い酒に上等の料理をよばれると今度は「青菜食べてか」

「へえっ!こらまたえらいもんを! 青菜ちゅうたら、もうし、大名菜言うて……」

「そんなアホなこといいなや。そんなら待ってや」と隠居手を叩いて「奥や! 奥や!」
と声をかける。

次の間から来た奥方に青菜を出すように言う。ほどなく出てきた奥方が
「鞍馬から牛若丸が出でまして名も九郎判官」

「ああ、義経」
いぶかる植木屋に
「これは、もう食べてもて青菜がないのやが、お前はんの前で言うのはみっともないよって、名(菜)も九郎(食ろう)判官としたのや。
そこでわしもよしとけ(義経)と、洒落言葉で言うた訳じゃ」

隠居の粋なやりとりに感心した植木屋は
「そんなら、うちのカカにも言わせますわ」と、飛んで家に帰り、嫁に隠居のいきさつを語って、

「お前もこんなことできるか」

「何やねん。それくらい屁ェで言うたるわ」

「言うたな。もうすぐ大工の竹が来るから。用意しとけ」
と急ぎ酒肴を用意させ、隣の部屋がないので嫁を押し入れに入れてしまう。

おりしもやってきた友人に
「ああ。植木屋はん」

「何いうとんねん。植木屋、おまえやないか。俺は大工や」

「あんた、柳蔭飲んでか」

「えっ!? お前ええのン飲んでるやないか。ご馳走になるわ……。これ、濁酒やないかい」

「ああ。さよか」

「ああ、さよかて、お前なんか変なもん食うたんか」

「ああ、植木屋はん」

「植木屋ちゃうて」

「あんた鯉の洗い食べてか」

「えっ!? お前そんなん食うてんのか。ふだんから金ない言うといて……。どれどれ……。おい! これおからやないか!」

「ああ、さよか」

「あんなんばっかしや」
と、植木屋、自分がされたとおりにいくが、なかなかうまくいかない。

ようよう、「あんた、青菜食べてか」にこぎつくが、
「わい、青菜嫌いや!」
とにべもなく断られる。

「おい、そんなこと言うてんと御馳走になるて、言うてな」

と泣きだすので
「何や。何かのまじないか。そんならよばれるわ」

「さよか。奥や! 奥や!」

植木屋うれしそうに手を叩く。

嫁が押し入れから「はい旦那さん」と飛び出すので「何や、ここの家は!?」と友人腰を抜かす。

「あれ!? 嫁はん又、押入れ入って行きよったで。けったいな家やで。あっ! また出てきた、うわぁ、でぼちんに汗かいとるがな。何か言うてるで。聞いたり、聞いたり」
と友人があきれる中、嫁は

「鞍馬から牛若丸が出でまして、名も九郎判官義経」
と、植木屋の台詞までみんな言ってしまう。

「ええっ!! 弁慶にしておけ」

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀(二代目)鉄砲勇助(嘘つき村)

『鉄砲勇助』は1773年(安永2年)に刊行された笑話本『口拍子』の一編 「角力取 …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀(二代目)蛇含草

あらすじ 夏のある日。一人の男が甚平を着て友人(東京では隠居)の家に遊びに行った …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀(二代目)八五郎坊主

あらすじ 八五郎が甚兵衛はんに 「もし、『つまらん奴は坊主になれ。』ていいまっけ …

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀(二代目)軒づけ

あらすじ 根っからの浄瑠璃好きな男が、浚いの会で「忠臣蔵」の四段目を語ったが大失 …

桂枝雀
桂枝雀 親子茶屋(夜桜)

親子茶屋(おやこぢゃや)は古典落語の演目の一つ。 上方落語の演目である。『滑稽噺 …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀(二代目)夏の医者

「夏の医者」(なつのいしゃ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、明和2年(176 …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀(二代目)景清(かげきよ)

『景清』(かげきよ)は、古典落語で上方落語の演目の一つ。 この作品は笑福亭吾竹の …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀 七度狐

『七度狐』(しちどぎつね/ななたびきつね)または『七度狐庵寺潰し』(しちどぎつね …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀 兵庫船(兵庫舟)

兵庫船(ひょうごふね)は古典落語の演目のひとつ。 原話は、文化年間に出版された笑 …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀(二代目)道具屋

道具屋(どうぐや)は古典落語の演目の一つ。 古くからある小咄を集めて、一席の落語 …