【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん朝(十八番)愛宕山

   

Sponsored Link

戦前、このネタを得意としたのが3代目三遊亭圓馬であった。
大阪出身で江戸で長らく修業したこともあり、江戸弁と上方弁とを自由に使い分けることができた。

「愛宕山」では東京から来た旦那、京都弁の芸妓、大阪弁の幇間と3つの異なる言葉を見事に演じ分け、奇蹟のような芸であった(近年は古今亭菊之丞がこの形で演じている)

桂文楽(八代目)にこのネタを教えたのも圓馬である。
なお文楽は戦後10代目金原亭馬生に稽古を付け、馬生はその後膝を悪くし、やらなくなってからは実の弟の3代目古今亭志ん朝に稽古を付け、志ん朝の十八番になった。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

★古今亭志ん朝 子別れ・下

子別れ(こわかれ)は古典落語の演目の一つ。 柳派の初代春風亭柳枝の創作落語で、3 …

古今亭志ん朝/締め込み

締め込み(しめこみ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、享和2年(1802年)に出 …

古今亭志ん朝 酢豆腐

酢豆腐(すどうふ)は、落語の演目。 原話は、1763年(宝暦13年)に発行された …

古今亭志ん朝 鰻の幇間(うなぎのたいこ)

『鰻の幇間』(うなぎのたいこ)は、古典落語の演目の一つ。作者不詳の落とし話で、い …

古今亭志ん朝 二番煎じ

原話は、1690年(元禄3年)に江戸で出版された小咄本『鹿の子ばなし』の「花見の …

古今亭志ん朝 強飯の遊び

あらすじ 熊が甚兵衛さんに起こされる。 隠居の弔いを手伝いに来て、土瓶に入った酒 …

古今亭志ん朝 雛鍔(ひなつば)

雛鍔(ひなつば)は古典落語の演目の一つ。 原話は、享保18年(1733年)に出版 …

古今亭志ん朝 駒長

あらすじ 借金で首が回らなくなった夫婦。 なかでも難物は、五十両という大金を借り …

■古今亭志ん朝/もう半分

「もう半分」(もうはんぶん)は、落語の演目の一つで怪談話。別名「五勺酒」。 主な …

古今亭志ん朝/佃祭

神田お玉が池、小間物屋・次郎兵衛さんが佃島で開かれる、住吉神社の大祭、”佃祭り” …