【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん朝/化け物使い

   

Sponsored Link

あらすじ

本所に独居する、元・御家人の吉田の隠居は人使いが荒いので有名。
桂庵(けいあん=就職斡旋所)から派遣されてくる奉公人も、「こう人使いが荒いのでは勤まらない」と次々に辞めていく。
そんな噂を耳にしながらも、奉公にやってきたのが田舎出身の杢助(もくすけ)。
吉田老人は奉公の初日から薪割り、炭切り、縁の下と天井裏の掃除、そのうえに青物横丁と千住への使いを言いつけるが、杢助は素直に仕事をこなし、この家に住み込む。
やがて3年の月日が経った。ある日のこと、これまで、どんな仕事にも文句ひとつ言わずに働きをみせてきた杢助が「暇を頂戴したい」と切り出す。
訳を訊く吉田老人に、杢助は意外な理由を述べる……

解説

「化け物使い」という演題が付いているが、怖いところはなく、むしろのどかな雰囲気の横溢する滑稽噺。
この噺は、前半と後半の二場面に別れている。
前半は、杢助の奉公初日のスケッチ。吉田の老人が次々に言いつける仕事の過剰さがおもしろい。
ひとつの仕事から次の仕事を思いつき、それをノン・ストップでまくしたてる。
後半にはいよいよ「化け物」たちが登場。ひとつ目小僧や大入道、のっぺらぼうが出てくるが、いずれも老人の語りによる間接的な描写になっているところが落語的演出の面白さ。
人間の振る舞いにたじたじとなる「化け物」たちがかわいい。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん朝/宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。上方落語では『高津の富(こうづの …

古今亭志ん朝 代脈

代脈(だいみゃく)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、元禄10年(1697年)に …

古今亭志ん朝 五人廻し

江戸で安直に遊べる遊郭では、廻しと言って花魁は一夜に複数の客を取った。お客もそれ …

古今亭志ん朝 刀屋(おせつ徳三郎)

あらすじ 日本橋横山町の大店の娘おせつ。 評判の器量よしなので、今まで星の数ほど …

古今亭志ん朝 浜野矩隨

★聴き比べ ⇒ 古今亭志ん生 浜野矩隨

古今亭志ん朝/紙入れ

別題:紙入れの間男/紙入れ間男/紙入間男 原話は安永三年の「豆談義」 明治時代の …

古今亭志ん朝/真景累ヶ淵(豊志賀の死)

あらすじ 1793年、根津七軒町に住む富本の師匠豊志賀は、出入りの煙草屋新吉と年 …

古今亭志ん朝/粗忽の使者(尻ひねり)

粗忽の使者(そこつのししゃ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、元禄14年(170 …

古今亭志ん朝/締め込み

締め込み(しめこみ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、享和2年(1802年)に出 …

古今亭志ん朝 駒長

あらすじ 借金で首が回らなくなった夫婦。 なかでも難物は、五十両という大金を借り …