【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)貧乏神

      2019/06/05

Sponsored Link

Sponsored Link

とんでもない男がおりましてな、何べんも嫁さんに逃げられています。
大家も心配になったのか男の家にやってきますが、働きにも出ておりません。
逆に大家に「25銭貸してえ」とねだる。
貧乏神が憑りつく前に、すでに貧乏になっているような始末。

そんな男にも貧乏神が憑りついたんですな。しかし、一向に働こうとはしまへん。「道具箱、そんなん質屋に入れてるわ。出すには25銭必要や、貸して、貸して」と貧乏神に頼み込みます。
仕方なく、貧乏神が貸したんですが、三日ほど働くと、ぱったり働きに出かけなくなりました。

しかも、貧乏神に洗濯などをやらせ始めたのです。家事が嫌いではない貧乏神もいつしか、男の家に居付くことになりました。妙に居心地がいいんですな。
そんな時に、吉やんが立ち寄ります。男と貧乏神の同棲に感心します……

ですが、貧乏神にもノルマちゅうもんがおます。「ええ気持ちで、いさせてもらいましたが、出ていきまっさ」と貧乏神が男にあいつします。

「よう洗濯などしてもろた礼や。わいが次の家、紹介したる。一度来たことのある吉やん。あいつなら、貧乏神など気にせえへん。逆によろこびはるで」

「あいつも嫁さんに逃げられて、ようけ洗濯物がたまってる」

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■桂枝雀(二代目)上燗屋

あらすじ 「おやっさん。一杯何ぼやねん、一杯十銭?一杯もらおか」 「ありがとうご …

■桂枝雀(二代目)宿替え(粗忽の釘)

『宿替え』(やどがえ)は、上方落語の演目の一つ。江戸落語では『粗忽の釘』(そこつ …

桂枝雀(二代目)米揚げ笊(こめあげいかき)

友人のいかき屋から、売り子を紹介して欲しいと言われた男が1人の男を紹介。 紹介状 …

桂枝雀(二代目)胴斬り

あらすじ 時は幕末。何かと言うと物騒な時代で、巷には辻斬りが横行したという。 あ …

桂枝雀(二代目)さくらんぼ(頭山・あたま山) 超貴重な音源

頭山(あたまやま)は落語の演目の一つ。「頭山」は江戸落語での名称で、上方落語では …

桂枝雀(二代目)崇徳院

  『崇徳院』(すとくいん)は、古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、後 …

桂枝雀(二代目)権兵衛狸

あらすじ 王子の在に権兵衛さんという独り者が住んでいた。 近所の若者が権兵衛さん …

■桂枝雀(二代目)くしゃみ講釈(くっしゃみ講釈)

あらすじ 講釈師にあることで恨みを持った男が、相棒と相談してこの講釈師を困らせて …

■桂枝雀(二代目)天神山

あらすじ ヘンチキの源助という変わり者。 オマル弁当にしびん酒で花見に出かける。 …

■桂枝雀(二代目)軒づけ

あらすじ 根っからの浄瑠璃好きな男が、浚いの会で「忠臣蔵」の四段目を語ったが大失 …