【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) ぼんぼん唄

      2015/05/12

Sponsored Link

Sponsored Link

江戸時代、京橋八丁堀、玉子屋新道に”源兵衛”という背負い小間物屋があった。女房”おみつ”さんと二人暮らしで、子供が欲しかった。浅草の観音様に三七21日、日参して子供が授かるように願を掛けた。満願の日何事もなかったので、帰り道、天王橋に差しかかると人だかりの中に迷子が居た。抱き上げると泣きやんで可愛いので連れて帰って来た。女の子で観音様からの授かりものと、拾ってきたので”おひろ”と呼んで大事に育てた。

 1年が経って、盆の14日。近所の子供と遊んでいた。盆の唄 “♪ぼ~ん、盆の十六日、江戸一番の踊りは八丁堀” と子供達は唄ったが、四つになった、おひろだけは・・・相生町と唄った。みんなは自分の町内を褒めるのに、この子は相生町と言った。元はそこに住んでいたのであろうと、あくる朝、相生町に調べに出かけた。近所で聞くと、材木屋の越前屋で子供を無くして騒いでいた事があった、と言う。主人に会うとそっくりな顔をしていたので、一年前の話を聞くと、「天王橋でケンカに巻き込まれ家族中がバラバラにはぐれてしまった」、「その後、お子様を拾い大事にお育て申しておりました」。越前屋でも色々な神様に願掛けて、お願いしていたのが叶ったと、踊り出してしまった。
 人情話の一席でした。

[出典:落語の舞台を歩く]

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)弥次郎(うそつき弥次郎)

上方落語の演目『鉄砲勇助(嘘つき村)』の前半部を独立させ、「安珍・清姫伝説」を下 …

古今亭志ん生(五代目)品川心中

聴き比べ⇒⇒古今亭志ん朝 品川心中

古今亭志ん生(五代目)お血脈(おけちみゃく)

お血脈(おけちみゃく)は古典落語の演目の一つ。 会話劇の形態をとる落語の中にあっ …

古今亭志ん生(五代目) 氏子中(町内の若い衆)

あらすじ ・氏子中(うじこじゅう) ある日、商用で出かけた亭主が出先から帰宅する …

古今亭志ん生(五代目)火焔太鼓

『火焔太鼓』(かえんだいこ)は古典落語の演目の一つ。 作中に出てくる「火焔太鼓」 …

古今亭志ん生(五代目)後生鰻

あらすじ さる大家の主人、すでにせがれに家督を譲って隠居の身だが、これが大変な信 …

古今亭志ん生(五代目) 業平文治(なりひらぶんじ)

あらすじ 寛永の頃に本所の業平村に浪島文治郎という人がいた。 この人の父親は堀丹 …

古今亭志ん生(五代目)坊主の遊び

別題:隠れ遊び・剃刀・坊主の女郎買い 上方では『坊主茶屋』で演じられるが、内容と …

■古今亭志ん生(五代目) 昭和39年(1964年) 74歳の映像

志ん生が74歳の時に紫綬褒章を受章した後、NHKのスタジオで「鰍沢」を演じた後の …

★古今亭志ん生(五代目)子別れ(上・中・下)

子別れ(こわかれ)は古典落語の演目の一つ。 柳派の初代春風亭柳枝の創作落語で、3 …