【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) ぼんぼん唄

      2015/05/12

Sponsored Link

Sponsored Link

江戸時代、京橋八丁堀、玉子屋新道に”源兵衛”という背負い小間物屋があった。女房”おみつ”さんと二人暮らしで、子供が欲しかった。浅草の観音様に三七21日、日参して子供が授かるように願を掛けた。満願の日何事もなかったので、帰り道、天王橋に差しかかると人だかりの中に迷子が居た。抱き上げると泣きやんで可愛いので連れて帰って来た。女の子で観音様からの授かりものと、拾ってきたので”おひろ”と呼んで大事に育てた。

 1年が経って、盆の14日。近所の子供と遊んでいた。盆の唄 “♪ぼ~ん、盆の十六日、江戸一番の踊りは八丁堀” と子供達は唄ったが、四つになった、おひろだけは・・・相生町と唄った。みんなは自分の町内を褒めるのに、この子は相生町と言った。元はそこに住んでいたのであろうと、あくる朝、相生町に調べに出かけた。近所で聞くと、材木屋の越前屋で子供を無くして騒いでいた事があった、と言う。主人に会うとそっくりな顔をしていたので、一年前の話を聞くと、「天王橋でケンカに巻き込まれ家族中がバラバラにはぐれてしまった」、「その後、お子様を拾い大事にお育て申しておりました」。越前屋でも色々な神様に願掛けて、お願いしていたのが叶ったと、踊り出してしまった。
 人情話の一席でした。

[出典:落語の舞台を歩く]

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)吉原綺談(上・中・下)芳原奇談雨夜鐘より

あらすじ ある日、やくざの権次が目にしたのは、下谷摩利支天横町の裏長屋に住んでい …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)ふたなり

『ふたなり』は古典落語の演目の一つ。ふたなり(二形・半陰陽)をテーマとしている。 …

志ん生sinsyo
古今亭志ん生(五代目)江島屋騒動(えじまやそうどう)

あらすじ 深川の佐賀町に住む、倉岡元庵と言う医者が亡くなった。 残された女房のお …

志ん生74歳sinshokokon
■古今亭志ん生(五代目) おかめ団子

江戸時代飯倉片町におかめ団子という団子屋さんが有った。この店の一人娘にお亀さんと …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)そば清

別題:蕎麦の羽織/蕎麦の清兵衛 東京の3代目桂三木助が、『蛇含草』の登場人物と主 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 淀五郎

あらすじ 忠臣蔵の判官役が急病になり、名題に成り立ての弟子、沢村淀五郎が指名され …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)幾代餅(いくよもち)

別題:幾代餅の由来 『紺屋高尾』という噺と筋はまったく同じ。 日本橋の搗米屋六右 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
★古今亭志ん生(五代目)たいこ腹(幇間腹・太鼓腹)

たいこ腹(たいこばら)は、古典落語の演目の一つ。 別題は『幇間腹』。原話は、安永 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)お直し【文部大臣賞に燦然と輝く郭噺】

1956年(昭和31年)12月、『お直し』の口演で文部省芸術祭賞(文部大臣賞)を …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)文違い

あらすじ 内藤新宿の女郎お杉には馴染み客として日向屋の半七、田舎客の角蔵が贔屓に …