【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)坊主の遊び

      2018/07/07

Sponsored Link

別題:隠れ遊び・剃刀・坊主の女郎買い


上方では『坊主茶屋』で演じられるが、内容とサゲが少し違っている。
大坂新町の「吉原」が舞台。こちらの吉原は、新町の外れの最下級の売春窟で、江戸でいうと「お直し」に登場する羅生門河岸の「ケコロ」というところ。だから女もひどいのが多く、梅毒で髪の毛は抜け、眉毛もなければ鼻もない。
これをあてがわれて腹を立てた客が、どうせ抜けているのやからと、きれいにクリクリ坊主にしてしまう。
朝起きると頭が寒いので頭に髪が無いのに気がつく、女中やってきて、客を怒らせたのではないかと思うのだが、女の顔を見ると鼻が抜け落ちている。探しても見つからないので、医者に行って取れないようにしてもらいなさいと言う。
「医者がさじを投げたら、後は坊主に決まっている」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)あくび指南(あくびの稽古)

『釣り指南』『小言指南』など指南物の一つ。 志ん生は、ホール落語にはかけなかった …

【お正月バージョン】古今亭志ん生(五代目)替り目

  「大将、俥(くるま)差し上げましょうか」 「お前はそんなに力がある …

古今亭志ん生(五代目) 芝浜

※古今亭志ん生は「長々(風景描写を)やっちゃあ、夢にならねえ」との持論で、財布を …

古今亭志ん生(五代目) 水屋の富

水屋の富(みずやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、文政10年(1813年 …

古今亭志ん生(五代目)泣き塩(焼き塩)

泣き塩(なきしお)は、元々は上方落語の演目で、3代目桂文団治が得意としていた。狂 …

古今亭志ん生(五代目)松山鏡

1966年(昭和41年)録音 松山鏡(まつやまかがみ)は古典落語の演目の一つ。原 …

古今亭志ん生(五代目)金明竹
古今亭志ん生(五代目) 塩原多助一代記~道連れ小平

塩原多助序 上州沼田に300石の田地を有する豊かな塩原家の養子多助は、養父角右衛 …

no image
古今亭志ん生(五代目) 搗屋幸兵衛(つきやこうべえ)

あらすじ 家主の幸兵衛が、今朝も長屋を一回りして、小言を言って家に戻ると、空家を …

古今亭志ん生(五代目)猫の皿

猫の皿(ねこのさら)は、落語の演目のひとつ。 古美術商が旅先の途中で立ち寄った茶 …