【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 無精床(けんつく床)

      2015/07/19

Sponsored Link


古今亭志ん生(五代目) 無精床

客商売として世辞が心情の床屋。『もし床屋が無精でつっけんどんになったら…』の想定で噺が進む。別名『けんつく床』

あらすじ

無精なのでめったに客のこない床屋にうっかり入ってしまった客。さんざん小言を言われた後、親方が小僧に「さあ、やってみろ」と言う。
「親方やってくれよ」と頼んだが、聞いてくれない。小僧が切れない剃刀でそるので、痛い目に遭わされる。小僧が居眠りを始めたのを叱るのに、客の頭を剃刀で叩くなど、散々な目に遭う。そのうちに犬が入ってきた。

「このあいだ客の耳を剃り落とした時、この犬が耳を喰ってしまったんだ。
 また喰いてえといっている。おまえさん耳が両方あるんだから片っ方おやりよ」

「冗談いっちゃあいけねえ」

六代目三遊亭圓生の演じた無精床では、頭を切ってしまって「心配するな。縫うほどじゃねえから」とサゲていた。志ん生はラジオで三回放送したくらいで、あまりやらなかった。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)祇園祭(祇園会)

『祇園会』(ぎおんえ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、天保年間に出版された笑話 …

■古今亭志ん生(五代目)風呂敷

風呂敷(ふろしき・ふるしき)は古典落語の演目の一つ。別題は『風呂敷間男』。 原話 …

古今亭志ん生(五代目)弥次郎(うそつき弥次郎)

上方落語の演目『鉄砲勇助(嘘つき村)』の前半部を独立させ、「安珍・清姫伝説」を下 …

古今亭志ん生(五代目)お直し【文部大臣賞に燦然と輝く郭噺】

1956年(昭和31年)12月、『お直し』の口演で文部省芸術祭賞(文部大臣賞)を …

古今亭志ん生(五代目)泣き塩(焼き塩)

泣き塩(なきしお)は、元々は上方落語の演目で、3代目桂文団治が得意としていた。狂 …

古今亭志ん生(五代目) 塩原多助一代記~道連れ小平

塩原多助序 上州沼田に300石の田地を有する豊かな塩原家の養子多助は、養父角右衛 …

古今亭志ん生(五代目)五人廻し

関東の遊郭には「廻し」という制度がある。 一人の遊女が一度に複数の客の相手をする …

古今亭志ん生(五代目)鮑のし(あわびのし)

鮑のし(あわびのし)は、古典落語の演目の一つ。『鮑貝(あわびがい)』『祝いのし』 …

■古今亭志ん生(五代目) 昭和39年(1964年) 74歳の映像

志ん生が74歳の時に紫綬褒章を受章した後、NHKのスタジオで「鰍沢」を演じた後の …

古今亭志ん生(五代目)坊主の遊び

別題:隠れ遊び・剃刀・坊主の女郎買い 上方では『坊主茶屋』で演じられるが、内容と …