【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 無精床(けんつく床)

      2015/07/19

Sponsored Link


古今亭志ん生(五代目) 無精床

客商売として世辞が心情の床屋。『もし床屋が無精でつっけんどんになったら…』の想定で噺が進む。別名『けんつく床』

あらすじ

無精なのでめったに客のこない床屋にうっかり入ってしまった客。さんざん小言を言われた後、親方が小僧に「さあ、やってみろ」と言う。
「親方やってくれよ」と頼んだが、聞いてくれない。小僧が切れない剃刀でそるので、痛い目に遭わされる。小僧が居眠りを始めたのを叱るのに、客の頭を剃刀で叩くなど、散々な目に遭う。そのうちに犬が入ってきた。

「このあいだ客の耳を剃り落とした時、この犬が耳を喰ってしまったんだ。
 また喰いてえといっている。おまえさん耳が両方あるんだから片っ方おやりよ」

「冗談いっちゃあいけねえ」

六代目三遊亭圓生の演じた無精床では、頭を切ってしまって「心配するな。縫うほどじゃねえから」とサゲていた。志ん生はラジオで三回放送したくらいで、あまりやらなかった。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)五人廻し

関東の遊郭には「廻し」という制度がある。 一人の遊女が一度に複数の客の相手をする …

古今亭志ん生(五代目) 猫の恩返し

両国回向院に現存する『猫塚』の由来にちなんだ噺。原話は1862年刊の随筆、宮川政 …

古今亭志ん生(五代目)一眼国

両国界隈には、多くの商人や見世物小屋が林立しており、インチキも多かった。 人の子 …

古今亭志ん生(五代目)怪談牡丹灯籠(お露新三郎)

牛込の旗本・飯島平左衛門(いいじまへいざえもん)の一人娘お露(おつゆ)は、十六で …

古今亭志ん生(五代目)干物箱

干物箱(ひものばこ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出 …

古今亭志ん生(五代目)紙入れ

解説 間男噺で『風呂敷』とよく似ている。やり方によっては艶笑的になるが、それが嫌 …

古今亭志ん生(五代目)中村仲蔵

あらすじ 明和3(1766)年のこと。 苦労の末、名題に昇進にした中村仲蔵は、「 …

古今亭志ん生(五代目) おせつ徳三郎(刀屋)

お店のお嬢様のおせつと奉公人の徳三郎が恋仲に落ちた。それが明るみに出て、徳三郎は …

古今亭志ん生 (五代目)毛氈芝居(もうせんしばい)

この村はまだ芝居という物を観たことも無く、芝居が解りません。地方に出ていて、ひと …

古今亭志ん生(五代目)佃祭(つくだまつり)

佃祭(つくだまつり)は、落語の演目の一つ。 住吉神社の夏の祭礼で賑わう佃島を舞台 …