【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂米朝(三代目)茶漬間男(二階借り)

   

Sponsored Link

別題:『二階の間男』『二階借り』
桂米朝のものが有名。
東京では6代目三遊亭圓生が『二階の間男』5代目春風亭柳昇が『お茶漬け』の題で演じた音源が残されている。

あらすじ

ある不倫中の男女が、いる。男のほうは、女の夫の友人だ。ある日、金の無い男が、女の夫がいる家の二階で、しようと思いつく。男は、夫に、相手が彼の妻だとは教えずに、どこかの人妻だということにして許可を得、女の顔が判らないように明かりを消して二階に上がり情事に及ぶ。

夫は茶漬を食うことに夢中で、二階で抱かれているのが自分の妻だということに気づかない。
ことが終わり、二人は再び明かりを消して出て行く。妻は何食わぬ顔で帰宅する。

夫は、「今日、友人に二階を貸したよ。相手は人妻だってさ。まったく、旦那はどんな男で、何してるんだろう」と、茶漬を食いながら、妻に語る。
妻は、「今頃その旦那は、お茶漬でも食べてるんじゃない?」と答える。

 

Sponsored Link

 - 桂米朝(三代目) , , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂米朝(三代目) 京の茶漬け

京の茶漬け(きょうのちゃづけ)は、上方落語の演目の一つ。京の茶漬とも表記する。 …

桂米朝(三代目) 酒の粕

「喜ぃ公。赤い顔してるけどどないしたんや。」 「酒の粕くうたんや。美味しいもんや …

桂米朝(三代目)東の旅(伊勢参宮神乃賑 口上 発端 もぎどり 軽業)

『もぎどり』『軽業』は、伊勢参宮神乃賑(東の旅)のパートのひとつ 詳細はこちら …

桂米朝(三代目) 犬の目

犬の目(いぬのめ)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永2年(1773年)に出版さ …

桂米朝(三代目) 二人ぐせ(二人癖)

ににんぐせ 「一杯飲める」というのが口癖の男と「つまらん」というのが口癖の男。2 …

桂米朝(三代目)天狗さし

  京都で明治の初め頃まで「念仏ざし」という物差しを売っていた店があり …

桂米朝(三代目) 珍品小咄集
桂米朝(三代目)不精の代参

あらすじ 不精な男の家に朝早くから近所のある男がやって来る。 この無精な男と云う …

■桂米朝(三代目) べかこ(べかこ鶏・べっかこう)

泥丹坊堅丸という地方まわりの上方の噺家。 肥前武雄の湯治場(温泉)で、たまたま逗 …

■桂米朝(三代目)天狗裁き