【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)はてなの茶碗(茶金)

      2018/12/08

Sponsored Link

昭和30年代の音源

★冒頭で 師匠:四代目 橘家圓喬について、自身のエピソードも含めて語っています。
大変貴重な音源です。

橘家圓喬(四代目)音源一覧

はてなの茶碗(はてなのちゃわん)は、上方落語の演目の一つ。
東京では「茶金」の名で演じられる。
三代目桂米朝が子供の頃にラジオから流れてくる二代目桂三木助の口演の記憶をもとに戦後復活させた。

★聴き比べ
⇒ 桂枝雀 はてなの茶碗
⇒ 桂米朝(三代目)はてなの茶碗

あらすじ
京都は清水の音羽の滝のほとり。
大阪出身の油屋の男が茶屋で休憩していると、京では有名な茶道具屋の金兵衛、通称「茶金」が、茶屋の茶碗のひとつをこねくり回しながら、しきりに「はてな?」と首をかしげていた。
茶金が帰った後、あの茶金が注目するとはさぞかし値打ちのあるものに違いないと、この茶碗を茶店の主人からすったもんだの末二両で買った油屋。
それを持ってさっそく茶金の店へ。

番頭に「五百両、いや千両の値打ちがある!」と息巻くも、どう見てもただの茶碗、「うちでは取り扱えない」と埒が明かない。
無理やり茶金を呼び出して、事の次第を聞いてみると、ヒビも割れもないのに、どこからともなく水が漏れるので、「はてな」と首をかしげていただけであった。

意気消沈し、自らのヤクザな身の上を茶金に語る油屋。
しかしそこは通人の茶金。
「二両で自分の名前を買ってもらったようなもの」と、その茶碗を油屋から(さらに一両付け加えた)三両で購入することにし、この金を持って親元に帰って孝行するように諭す。

この話が評判となり、関白・鷹司公によって「清水の 音羽の滝の 音してや 茶碗もひびに もりの下露」という歌が詠まれる。
さらには時の帝によって「はてな」の箱書きが加わる。

このように立派な肩書きが付いた茶碗の噂が鴻池家の耳に入り、とうとう千両で売れてしまった。
茶金は油屋を呼び出し、千両の半分の五百両を渡す。
大喜びの油屋。

後日、再び茶金の元を訪れ、「十万八千両の大儲け!」と叫ぶ油屋。
茶金が問い質すと、

「今度は水瓶の漏るのを持って来ました。」

 

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目) 五銭の遊び(白銅の女郎買い)

あらすじ 吉原は女郎の格がピンからキリまでありますが、お金さえあればどんなに楽し …

古今亭志ん生(五代目)坊主の遊び

別題:隠れ遊び・剃刀・坊主の女郎買い 上方では『坊主茶屋』で演じられるが、内容と …

古今亭志ん生(五代目) 貧乏自慢
古今亭志ん生(五代目)犬の災難

『猫の災難』という噺の猫を犬に替えたもの。 鯛ではなく、隣に届いた鶏を預かったと …

古今亭志ん生(五代目) 水屋の富

水屋の富(みずやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、文政10年(1813年 …

古今亭志ん生(五代目) 星野屋
古今亭志ん生(五代目)文違い

あらすじ 内藤新宿の女郎お杉には馴染み客として日向屋の半七、田舎客の角蔵が贔屓に …

古今亭志ん生(五代目) 和歌三神(わかさんじん)

俳諧の師匠が、雪が降ったので権助を連れて、向島へ雪見に行く。 酒持参でどこかで飲 …

古今亭志ん生(五代目)江島屋騒動(えじまやそうどう)

あらすじ 深川の佐賀町に住む、倉岡元庵と言う医者が亡くなった。 残された女房のお …

古今亭志ん生(五代目)干物箱

干物箱(ひものばこ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出 …