【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家小さん(五代目) 千早振る(ちはやふる)

   

Sponsored Link

『千早振る』(ちはやぶる / ちはやふる)は、古典落語の演目の一つ。
別題は『百人一首』『無学者』で、隠居が短歌にいい加減な解釈を加える話である。
原話は、安永5年(1776年)に出版された笑話本・『鳥の町』の一篇である「講釈」とされ、山東京伝の『百人一首和歌始衣抄』(1787年)にも類話が載る。初代桂文治の作といわれて、後世に改作などを繰り返し現在の形になったとされる。
主な演者には、三遊亭小遊三などがいる。小遊三はこれで『小遊三の千早か、千早の小遊三か』と言われた事もあった。
百人一首を題材としたパロディや珍解釈は江戸中期に盛んに行われた。こ
の落語にも同じ百人一首の中納言行平の「立ち別れ因幡の山の峰に生ふるまつとし聞かばいま帰り来む」(百人一首16、古今集)の珍解釈も含まれていたが、現在その部分は演じない。
他に百人一首を題材とした落語には「崇徳院」が有名である。

Sponsored Link

 - 柳家小さん(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家小さん(五代目)碁泥(碁どろ)

碁泥(ごどろ)は、落語の演目の1つ。上方では「碁打盗人」と呼ぶ。 現在は主に東京 …

柳家小さん(五代目) 本膳

あらすじ とある村の、庄屋の家で祝言(結婚式)があり、村人一同が祝物を送った。 …

■柳家小さん(五代目) 長者番付(うんつく酒)
柳家小さん(五代目)三人旅

あらすじ 三人で旅をしている途中、歩き疲れたので馬でも乗ろうか。 馬賃を値引きし …

柳家小さん(五代目) 看板のピン
■柳家小さん(五代目) 一目上がり(ひとめあがり)

あらすじ 新年の挨拶に訪れた八つぁんは隠居の家にある掛け軸に目がいった。 「雪折 …

■柳家小さん(五代目)強情灸

強情灸(ごうじょうきゅう)は古典落語の演目の一つ。 元々は上方落語の『やいと丁稚 …

■柳家小さん(五代目) 三軒長屋
■柳家小さん(五代目)富久
■柳家小さん(五代目)狸賽(たぬさい・たぬき)