【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)千早振る(ちはやふる)

   

Sponsored Link

『千早振る』(ちはやぶる / ちはやふる)は、古典落語の演目の一つ。

別題は『百人一首』『無学者』で、隠居が短歌にいい加減な解釈を加える話である。

原話は、安永5年(1776年)に出版された笑話本・『鳥の町』の一篇である「講釈」とされ、山東京伝の『百人一首和歌始衣抄』(1787年)にも類話が載る。
初代桂文治の作といわれて、後世に改作などを繰り返し現在の形になったとされる。

主な演者には、三遊亭小遊三などがいる。
小遊三はこれで『小遊三の千早か、千早の小遊三か』と言われた事もあった。

百人一首を題材としたパロディや珍解釈は江戸中期に盛んに行われた。

この落語にも同じ百人一首の中納言行平の「立ち別れ因幡の山の峰に生ふるまつとし聞かばいま帰り来む」(百人一首16、古今集)の珍解釈も含まれていたが、現在その部分は演じない。

他に百人一首を題材とした落語には「崇徳院」が有名である。

あらすじ

「先生」の異名を持つ岩田の隠居が茶を飲んでいると、なじみの八五郎が訪れてくる。

娘に小倉百人一首の在原業平の歌の意味を聞かれて答えられなかったため、隠居のもとを訪ねてきたという。

隠居も実はこの「ちはやふる神代もきかず竜田川からくれなゐに水くくるとは」という歌の意味を知らなかったが、知らぬというは沽券にかかわると考え、即興で次のような解釈を披露する。

江戸時代、人気大関の「竜田川」が吉原へ遊びに行った際、「千早」という花魁に一目ぼれした。

ところが千早は力士が嫌いで、振られてしまう(「千早振る」)。

振られた竜田川は妹分の「神代」に言い寄るが、こちらも「姐さんが嫌なものは、わっちも嫌でありんす」ということをきかない(「神代も聞かず竜田川」)。

このことから、成績不振となった竜田川は力士を廃業、実家に戻って家業である豆腐屋を継いだ。

それから数年後、竜田川の店に一人の女乞食が訪れる。

「おからを分けてくれ」と言われ、喜んであげようとした竜田川だったが、なんとその乞食は零落した千早太夫の成れの果てだった。

激怒した竜田川はおからを放り出し、千早を思い切り突き飛ばした。

千早は井戸のそばに倒れこみ、こうなったのも自分が悪いと井戸に飛び込み入水自殺を遂げた(「から紅(くれない)に水くぐる」)。

八五郎は「大関ともあろう者が、失恋したくらいで廃業しますか」、「いくらなんでも花魁が乞食にまで落ちぶれますか」などと、隠居の解説に首をひねり通しだが、隠居は何とか強引にハチ公を納得させた。

やれ安心と思った所にハチ公が、「千早振る、神代も聞かず竜田川、からくれないに水くぐる、まではわかりましたが、最後の『とは』は何です」と突っ込んだ。

とっさの機転でご隠居はこう答えた。

「千早は源氏名で、彼女の本名が『とは(とわ)』だった」

解説

結局、隠居は『薬缶』まがいのハチャメチャな講釈をしてしまったが(ただし『薬缶』と違い八五郎は隠居の話をちゃかさずに最後まで聞き入る)、百人一首の業平の歌は、現代の通説ではおおよそ次のように解釈される。

すなわち「ちはやふる」(ちはやぶる)は「神」などにかかる枕詞として「神代も聞かず」を導き、上句は「神代にも聞いたことがない」と述べる。

下句がその内容となる。

竜田川は現奈良県生駒郡などを流れる川で、紅葉の名所として知られる。

唐紅は大陸由来の鮮やかな紅であり、「水くくるとは」の「くくる」はくくり染めのことで、ところどころ生地が赤く染まった布と竜田川のところどころ赤く美しい紅葉の風景を重ねて詠んでいる。

すなわち「山を彩る紅葉が竜田川の川面に映り、唐紅のくくり染めのようである。

このようなことは神代にも無かっただろう」といった意味となる。

隠居の解釈は、和歌の常識「ちはやふる」という枕詞を知らぬ点が第一の笑いである。

なお、この枕詞を現在は「ちはやぶる」と読むが、当時は「ちはやふる」と読んでいたという。

また「聞かず」の主語を誤り、「神代」という人物を想定してしまっている。

唐紅は「おからをくれない」と頓智で解す。

なお、歴史的仮名遣では「唐紅」は「からくれなゐ」と、「無い」は「ない」と書く。

全体としては、平安の和歌であるのに、江戸の遊女や力士を想像する点も滑稽である。

「みづくくる」で入水を想像するのも滑稽であるが、これは当時、この和歌を「水くぐる」とも読んだことにも由来する。

なお、「みつくくる」を「水潜る」とする解釈は古くよりあるものである。

落ちの「とは」を人名とし体言止めと解した点は、明確なこじつけであり、落ちとしてふさわしい。

なお、「千早振る神代にもないいい男」、「冬枯れに無地に流るる龍田川」などの有名な川柳があって、業平やこの歌の知名度をよく示している。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)坊主の遊び

別題:隠れ遊び・剃刀・坊主の女郎買い 上方では『坊主茶屋』で演じられるが、内容と …

古今亭志ん生(五代目)泣き塩(焼き塩)

泣き塩(なきしお)は、元々は上方落語の演目で、3代目桂文団治が得意としていた。狂 …

古今亭志ん生(五代目)火事息子

神田三河町の、伊勢屋という大きな質屋。 ある日近所で出火し、火の粉が降りだした。 …

古今亭志ん生(五代目)弥次郎(うそつき弥次郎)

上方落語の演目『鉄砲勇助(嘘つき村)』の前半部を独立させ、「安珍・清姫伝説」を下 …

古今亭志ん生(五代目)五人廻し

関東の遊郭には「廻し」という制度がある。 一人の遊女が一度に複数の客の相手をする …

古今亭志ん生(五代目) 粗忽の使者
古今亭志ん生(五代目)井戸の茶碗

井戸の茶碗(いどのちゃわん)は古典落語の演目。井戸茶碗とは当時珍重された高麗茶碗 …

古今亭志ん生(五代目) 吉原風景
【お正月バージョン】古今亭志ん生(五代目)替り目

  「大将、俥(くるま)差し上げましょうか」 「お前はそんなに力がある …

■古今亭志ん生(五代目)鰍沢(かじかざわ)映像に残された志ん生の最後の一席

★映像に残された志ん生の最後の一席 志ん生は落語協会会長だった71歳の時に脳出血 …