【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

【三遊亭金翁】三遊亭金馬(四代目)ちきり伊勢屋

   

Sponsored Link

4代目三遊亭 金馬(さんゆうてい きんば、1929年〈昭和4年〉3月19日 – )は、東京都江東区出身の落語家。
一般社団法人落語協会顧問。日本演芸家連合会長。日本芸能実演家団体協議会顧問。新宿区名誉区民。本名、松本 龍典(まつもと りゅうすけ)。
出囃子は先代と同じ『本調子鞨鼓』である。

柳家小袁治による「当代金馬は、自分の大師匠を知っている大ベテラン」との発言からも伺える通り、2013年現在、東西併せて落語界最古参の落語家であり、現在、唯一の戦中派落語家である。ただし、年齢と真打昇進年を基準に置けば4代目桂米丸が最長老である。プラモデルファンで、テレビ放送初期にプラモデルの番組をもっていた。また小金馬時代にはコキンホースという競走馬の馬主でもあった。子供の頃に柳家金語楼のSPレコードを聴いたことで落語に興味を持つようになる。家族や近所の人に落語を披露しては爆笑をとっていた。
1941年7月、12歳で3代目三遊亭金馬に入門。
少年落語家・山遊亭金時として初高座を踏む。
1945年8月、二つ目昇進。三遊亭小金馬と改名。
1953年、日本テレビ開局記念番組放送中、放送事故が発生。
急遽、小金馬(現:4代目金馬)、2代目三遊亭歌奴(現:3代目三遊亭圓歌)、一龍齋貞鳳、3代目江戸家猫八の4人で即興のインチキプロレス(プロレスコント)を放送する。

開局祝賀会場は爆笑の渦に包まれ、これを見た同局社長・正力松太郎の指示により、直ちに彼らをメインとしたレギュラー番組が作られた。
いわば金馬は、元祖テレビバラエティータレントである。
1955年、歌奴を除く3人をメインにNHKに引き抜かれる形で『お笑い三人組』がスタート。国民的番組となる。

このため、これらを知っている世代には未だに前名の「小金馬」の名が通用する場合がある。
1958年3月、真打昇進。
1967年3月、3代目の3回忌に4代目三遊亭金馬を襲名。
同年、落語協会常任理事、日本演芸家連合理事に就任する。
1969年11月9日から1970年6月14日まで『笑点』の大喜利メンバーを務める。
加入時の年齢が41歳であり新加入最高齢者であったが、2006年にメンバー入りした春風亭昇太の加入時の年齢は46歳だったため、記録を抜かれてしまう。

国立演芸場開設に尽力した功労者であり、1970年には芸術祭優秀賞を受賞し、警視総監表彰を受けた。
3代目古今亭志ん朝没後、志ん朝の手掛けていた夏の「住吉踊り」を承継。
毎年8月、浅草演芸ホールの中席で披露していた(膝を痛めたことと、高齢のために現在は披露していない)。
『お笑い三人組』で共演した桜京美の病死が判明した1989年1月6日には、「もっと会って話をしておけばよかった」というコメントを寄せて桜を偲んだ。
近年は膝を悪くし、釈台を置いて落語を演じている。

2004(平成16)年 日本演芸家連合会長に就任
2010(平成22)年 常任理事を退き顧問に就任
2017(平成29)年 日本演芸家連合会長を退任し、名誉会長へ
2020(令和2)年9月21日「三遊亭金翁」を襲名

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(四代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【三遊亭金翁】三遊亭金馬(四代目)かつぎや

かつぎやは、落語の演目の一つ。古典落語に分類される。かつぎ屋とも表記される。 正 …