【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)ちしゃ医者

   

Sponsored Link

ちしゃ医者(ちしゃいしゃ)は、上方落語の演目の一つ。
源話は噺本『太郎花』(寛政3年)の『医師』。
また中国の『笑府・巻四・方術部』の『願脚』にも同様の内容がある。

あらすじ

深夜、村人が藪医者の赤壁周庵のもとへ急患だから来てくれとやってくる。
口の悪い下男久助は
「うちの先生に診てもうたらかえって命危ないで。」
と断るが、
「いや、もう死にかけてんねんけど、最後の脈を取ってもらう医者が要るンで、誰でもよろしいねん。」

それを聞いて周庵先生、久助と村人に駕籠を担がせて往診に行く。
途中で病人が死んだことがわかり、村人は「もう先生要りませんよって、さいなら。」と周庵と久助を置いて帰ってしまう。

「弱ったなあ。これじゃあ駕籠担ぐ奴おらんで。」

「何言うてまんねん。先生片棒担ぎなはれ。」

「何じゃ。ワシが担がんとあかんのかいな。」

大弱りのところへ下肥組の百姓が来かかり
「わしが代わりに担ぐよって先生駕籠に入ってなされ。」と声をかける。

「ああ。そらすまんな。」と喜ぶのもつかの間、

「かわりに肥の入った桶、駕籠に入れさしとくんなされ。」

「これ何するのじゃ。」

医者は臭気のただよう桶を抱えて駕籠に入る羽目に、しかも揺れるたびに桶の中身が跳ねるので医者は閉口する。
百姓は手水を汲むために立ち寄った家の婆さんに、手水汲むお礼に何を呉れるのかと尋ねられる。

「いや。今日は何もないねん。駕籠に医者がおるだけじゃ。」
と返事するが「医者」と「ちしゃ」(レタス)と聞き間違えた婆さん、駕籠の扉をあけ桶に手をつっこんで中身を周庵の顔につけてしまい、怒った周庵が婆さんを蹴り倒す騒ぎとなる。

婆さんの「アニよ。助けて。」の悲鳴に息子が飛び出し、周庵を駕籠から引きずり出して殴りつける。

「これ、何しゃさんす。痛いがな。」

「おのれは何さらす!母じゃ人に足かけくさって!」
と怒るのを久助が

「足でよかった。手にかかったら、命がないで。」

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂枝雀(二代目)一人酒盛り

あらすじ 引越ししたばかりの男の家に友人が遊びに来る。 男は酒でも用意するからゆ …

■桂枝雀(二代目)兵庫船(兵庫舟)

兵庫船(ひょうごふね)は古典落語の演目のひとつ。 原話は、文化年間に出版された笑 …

桂枝雀(二代目)植木屋娘

  あらすじ お金持ちの植木屋さん夫婦には一人娘がありました。みつという娘は年頃 …

桂枝雀(二代目)子ほめ

子ほめ(こほめ)は古典落語の演目の一つ。別題は『赤子褒め』。 原話は寛永五年、安 …

桂枝雀(二代目)九日目

あらすじ あちらこちらに声をかけ「何か手伝いは?」用事を言い付かってその日を暮ら …

桂枝雀(二代目)夏の医者

「夏の医者」(なつのいしゃ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、明和2年(176 …

■桂枝雀(二代目)舟弁慶(船弁慶)

あらすじ ある日、喜六が家でぼんやりと留守番をしていると、友人の清八が「涼みがて …

桂枝雀(二代目)不精の代参

不精の代参(ぶしょうのだいさん)は上方落語の演目の一つ。 3代目桂米朝、2代目桂 …

桂枝雀(二代目)道具屋

道具屋(どうぐや)は古典落語の演目の一つ。 古くからある小咄を集めて、一席の落語 …

■桂枝雀(二代目)蛇含草(そば清)

あらすじ 夏のある日。一人の男が甚平を着て友人(東京では隠居)の家に遊びに行った …