【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂三木助(三代目)長短【十八番】

   

Sponsored Link

気の長い長さんと、むやみに気短な短七の二人は幼なじみ。
性格が正反対だが、なぜか気が合う。

ある日長さんが短七の家に遊びに来て、
「ゆうべええ、よなかにいい、しょんべんが、でたく、なって、おれがあ、べんじょい、こおう、よろうと、おもって、あまどをお、あけたら……うーん、はえええ、はなしがあ」
とスローテンポで始めたから、短七、ちっとも早かねえと、早くもイライラ。

星が出ていなくて空が真っ赤だったから、明日は悪くすると雨かなと思ったら、とうとう今日は雨が降っちゃったと、ただそれだけのことを言うのに、昨夜の小便から始めるのだからかなわない。

菓子を食わせれば食わせたで、いつまでもモチャモチャやっているから、じれた短七、腐っちまうと、ひったくって自分で丸のみ。

長さん、煙草を吸いだしたはいいが
「たんしっつぁんは、きが、みじかい、から、おれの、することが、まどろっこしくて、みて、られない」
言いながら、悠然と煙管に煙草を詰めてから、火玉を盆に落とすまで、あまりに間延びしているので、それじゃ生涯かかっても煙草に火がつきゃしないと

「煙草なんてもなァ、そう何服も何服もね、吸殻が皿ん中で踊るほどのむもんじゃないんだよ。
オレなんか、急ぐときなんざ、火をつけねえうちにはたいちまうんだ」

と、短七、あっという間に一動作やってしまう。

気のいい長さんが感心してると、あまりせっかちすぎて、火玉が自分のたもとに入ってしまうが、そそっかしいので一向に気がつかない。

これを見た長さん、

「これでたんしっつぁんは、きがみじかいから、しとにものォおそわったりすると、おこるだろうね」
「ああ、大嫌いだ」

「おれが、おしえても、おこるかい?」

「おめえとオレとは子供のころからの友達だ。オレに悪いとこがあったら教えてくれ。怒らないから」

「……ほんとに、おこらないかい? そ、ん、な、ら、いうけどね、さっき、たんしっつぁんが、にふくめの、たばこを、ぽんとはたいた、すいがらね、たばこぼんのなかィはいらないで、しだりのたもとんなかィ、すぽおっと、はいっちまやがって、……だんだんケムがつよくなってきたが、ことによったら、けしたほうが」

「ことによらなくたっていいんだよ。何だって早く教えねえんだッ。みろ、こんなに焼けっ焦がしができちゃった」

「それみねえ、そんなにおこるからさ、だからおせえねえほうがよかった」
[出典:落語あらすじ事典 千字寄席]

Sponsored Link

 - 桂三木助(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂三木助(三代目) ねずみ

落語「ねずみ」 江戸に下り、大工、政五郎の家に居候していた左甚五郎が、奥州の旅に …

桂三木助(三代目) 御神酒徳利

※途中、録音状態が悪い部分があります。

桂三木助(三代目) 鉄拐

鉄拐(てっかい)は落語の演目の一つ。原話は、文化年間に桜川慈悲成が出版した笑話本 …

桂三木助(三代目) 三井の大黒

三井の大黒(みついのだいこく)は落語の演目の一つ。名人と呼ばれた大工・左甚五郎を …

桂三木助(三代目)崇徳院

元々は上方落語の演目で、後に東京でも口演されるようになった。 『崇徳院』は、小倉 …

桂三木助(三代目) 芝浜

『芝浜』(芝濱、しばはま)は古典落語の演目の一つ。 三遊亭圓朝の作とされるが不確 …

桂三木助(三代目) ざこ八(先の仏)

あらすじ 歳の頃三十二、三のいい男で道中の陽焼け跡がくっきりと見え、振り分け荷物 …

桂三木助(三代目) 人形買い
桂三木助(三代目)火事息子

あらすじ 神田の質屋の若旦那は子供の頃から火事が大好きで、火消しになりたくて頭の …

桂三木助(三代目)加賀の千代

暮れも押し詰まって大晦日。それなのに金策が出来ていない甚兵衛亭主の尻をたたく女房 …