【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂枝雀(二代目)代書屋

      2019/02/28

Sponsored Link

 

 

あらすじ

色街の箱屋に応募するので、履暦書の代書を頼みに来た男。
長男かと聞くと、兄貴が死んだので長男になったとトンチンカンな答えで、一字訂正・判。
生年月日を聞けば旅順陥落提灯行列の日を答えるし、職歴では、大正三年九月饅頭屋をを開業しようとしたが、家賃が高いからやめた、で二行抹消。
同十二月露天商は二時間でやめた。
また二行抹消とメチャクチャ。
署名しろと言うと無筆。
自署不能ニ付代書・判。
次に来たのは六十がらみの上品な老人。
結納の受取を毛筆でという注文。
墨が悪いと摺り直させ、代書事務所の看板を見て、やれ字の右肩が下がっている、心棒が歪んでいると難癖をつけたあげく「また今度」。
お次は、妹の渡航証明を頼みに来た外国人。
言葉がかみ合わず四苦八苦。
よく聞いてみると戸籍証明がメチャクチャなので、これでは受理されないと、死亡届、死亡届失期理由書、出生届、同じく失期理由書と書類の山。
戸籍の再作成は(当時は)科料十円取られると聞いて、怒って行ってしまう。
骨折り損のくたびれもうけ。
最後は十二、三の丁稚(でっち)。
今の老人宅からお邪魔料を届けに来たので、受取に署名と判が欲しいという。
老人は中気で引退したが、滴堂という有名な書家とか。
書家の奉公人だけあって、この小僧もうるさい。
「それで『中』の心棒が歪んでます」降参して小僧に代筆させると、これが見事な筆。
判だけお願いしますと言うので押そうとしたら、名前の横に「自署不能ニ付代書」。

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂枝雀(二代目)九日目

あらすじ あちらこちらに声をかけ「何か手伝いは?」用事を言い付かってその日を暮ら …

■桂枝雀(二代目)鴻池の犬

  鴻池の犬(こうのいけのいぬ)は上方落語の演目の一つ。 あらすじ 商家の軒先に …

桂枝雀(二代目)権兵衛狸

あらすじ 王子の在に権兵衛さんという独り者が住んでいた。 近所の若者が権兵衛さん …

■桂枝雀(二代目)不動坊

不動坊(ふどうぼう)は古典落語の演目。元々は上方落語の演目の一つで、東京にも移植 …

■桂枝雀(二代目)鷺とり(鷺取り)

  鷺とり(さぎとり)は、古典落語の演目の一つ。原話は、寛政3年(1791年)に …

■桂枝雀(二代目)茶漬えんま

  え~、一席聞ぃていただきますが「茶漬けえんま」といぅお噺で、新作なんです。今 …

■桂枝雀(二代目)三十石夢乃通路

概要 『三十石』(さんじっこく)または『三十石夢乃通路』(さんじっこくゆめのかよ …

■桂枝雀(二代目)蛇含草

あらすじ 夏のある日。一人の男が甚平を着て友人(東京では隠居)の家に遊びに行った …

■桂枝雀(二代目)くしゃみ講釈(くっしゃみ講釈)

あらすじ 講釈師にあることで恨みを持った男が、相棒と相談してこの講釈師を困らせて …

■桂枝雀(二代目)上燗屋

あらすじ 「おやっさん。一杯何ぼやねん、一杯十銭?一杯もらおか」 「ありがとうご …