【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 洒落小町

      2017/04/16

Sponsored Link

★聴き比べ ⇒ 三遊亭圓生(六代目)洒落小町

あらすじ

ガチャガチャお松が、亭主が穴っ入りばかりで、家に寄り付かないと愚痴をこぼす。

旦那は、在原業平の話を聞かせる。

業平は毎夜妾の生駒姫の所に通うが、嵐の日に、雨が降ったくらいで来ないとは、男は薄情者だと思われるから行きなさいと、妻が蓑笠を整えて送り出した。

妻の態度が怪しいと、庭蔭に隠れて見ていると、縁側で妻が琴を弾きながら、夫の無事を願う和歌を詠う。

これを聞いた業平は反省して妾通いを止めた。

お前に和歌など無理だから洒落で笑わせろ。

お松が家に帰り、薄化粧をして夫の帰りを待つ。夫が帰る早々、湯は、食事は、酒はと、せかすものだから、夫が怒り出した。

洒落を言っても通じない。出て行こうとするところを、蓑笠を出して突き飛ばしたので、夫はどぶに嵌ってしまった。

ここで和歌を詠むんだと、一首詠んだ夫は行ってしまった。

旦那の家に行って訳を話すと

「その歌は狐の歌だ」

「それでまた、穴っ入りに出掛けた」

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

立川談志tatekawadansi
立川談志 黄金の大黒(きんのだいこく)

長屋の子供達が普請場で遊んで地面を掘っていると金無垢の大黒像が出て来た。 年の瀬 …

立川談志tatekawadansi
■立川談志 寝床
立川談志tatekawadansi
立川談志 五貫裁き

神田の三河町に家主の多呂兵衛、借家人の半端者の八公が住んでいた。 この八公が人生 …

立川談志tatekawadansi
立川談志 つるつる

談志師匠の『つるつる』 一八は、芸者のお梅という女性に、3年も4年も惚れ続けてい …

立川談志tatekawadansi
■立川談志 松曳き

※29:07~野ざらし 『松曳き』(まつひき)は古典落語の演目の一つ。 主な噺家 …

立川談志tatekawadansi
■立川談志 紺屋高尾

あらすじ 神田紺屋町、染物屋の吉兵衛さんの職人で久蔵さんが寝付いてしまった。 話 …

立川談志tatekawadansi
立川談志 猪買い(ししかい)

最近、冷の病で具合の悪い八っつあん。近所のご隠居を訪ねると、「冷えの病はひどくな …

立川談志tatekawadansi
立川談志/明烏

あらすじ 遊びを知らない堅物の息子の時次郎の将来を心配した商家の旦那が、源兵衛と …

立川談志tatekawadansi
★立川談志 子別れ(上・中)
立川談志tatekawadansi
立川談志 夢金

金のことばかり考えている船頭の熊蔵。雪のしんしんと降る晩、船宿の二階で「金が欲し …