【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 洒落小町

      2017/04/16

Sponsored Link

★聴き比べ ⇒ 三遊亭圓生(六代目)洒落小町

あらすじ

ガチャガチャお松が、亭主が穴っ入りばかりで、家に寄り付かないと愚痴をこぼす。

旦那は、在原業平の話を聞かせる。

業平は毎夜妾の生駒姫の所に通うが、嵐の日に、雨が降ったくらいで来ないとは、男は薄情者だと思われるから行きなさいと、妻が蓑笠を整えて送り出した。

妻の態度が怪しいと、庭蔭に隠れて見ていると、縁側で妻が琴を弾きながら、夫の無事を願う和歌を詠う。

これを聞いた業平は反省して妾通いを止めた。

お前に和歌など無理だから洒落で笑わせろ。

お松が家に帰り、薄化粧をして夫の帰りを待つ。夫が帰る早々、湯は、食事は、酒はと、せかすものだから、夫が怒り出した。

洒落を言っても通じない。出て行こうとするところを、蓑笠を出して突き飛ばしたので、夫はどぶに嵌ってしまった。

ここで和歌を詠むんだと、一首詠んだ夫は行ってしまった。

旦那の家に行って訳を話すと

「その歌は狐の歌だ」

「それでまた、穴っ入りに出掛けた」

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 嘘つき二代(南極探検・弥次郎合作)

  春風亭柳昇(五代目)から『南極探検』を教わり、『弥次郎』の息子が『 …

立川談志 黄金餅

『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …

立川談志/持参金

持参金(じさんきん)は、落語の演目の一つ。落語によくある、結婚がらみの話ではある …

■立川談志 代書屋

代書(だいしょ)は、上方落語の演目の一つ。「代書屋」とも呼ばれる。 昭和10年代 …

■立川談志 金玉医者(きんたまいしゃ)

金玉医者は、古典落語の演目のひとつ。 「顔の医者」「すが目」「頓知の医者」「皺め …

立川談志 蜀山人(しょくさんじん)

蜀山人こと大田 南畝 大田 南畝(おおた なんぽ、寛延2年3月3日(1749年4 …

立川談志 花見の仇討

あらすじ 長屋の4人組の仲間。花見の趣向で見物人を驚かそうと、仇討ちを計画する。 …

立川談志 六尺棒

六尺棒(ろくしゃくぼう)は、古典落語の演目の一つ。 原話は不明だが、文化4年口演 …

立川談志 羽団扇(はうちわ)

あらすじ 正月の2日になると七福神の刷り物を「おたから、お宝」と売りに来た。 そ …

立川談志/疝気の虫

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話 …