【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

露の五郎兵衛(二代目)道鏡

      2018/07/16

Sponsored Link

大きぃといぅことになりますと、日本中で一番大きかったといぅのが弓削の道鏡といぅ、こら大きかったそぉですなぁ。
やんごとなきお方のお相手を務めて、それ一本ででっせ、一国の宰相にまでのし上がったといぅさかい、そら立派なもんやったに違いない。
これ、丹波の国、弓削村の出身で、川柳といぅのは面白いことを申します
「弓削村でツラじゅ~鼻の子が生まれ」と。この、鼻の大きぃのはあそこが大っきぃちゅうんですな、俗にね。
ですから「弓削村でツラじゅ~鼻の子が生まれ」おそらく弓削の道鏡、生まれたときは顔中鼻であったであろぉと。
鼻の大きぃのが、男性であそこが大きぃとすれば、ほな女の人はどないや? 
女の人は口の小さい人があそこが小さい、口の大きぃのはあそこが大きぃ。しかしこれはねぇ、あてにならんのです…

Sponsored Link

 - 露の五郎兵衛(二代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

露の五郎兵衛(二代目)建礼門院

平 徳子(たいら の とくし/とくこ/のりこ、久寿2年(1155年) &#821 …

露の五郎兵衛(二代目)小咄:もう一合/鞍馬の天狗
露の五郎兵衛(二代目)トンボさし

捕虫網を手に持ち、虫カゴをぶら下げてトンボを追いかける。パソコンやゲーム機なんて …

■露の五郎兵衛(二代目)本能寺

あらすじ 芝居小屋で「三日太平記」が演じられた。本能寺の変、武智光秀の主君小田春 …

露の五郎兵衛(二代目)村芝居
露の五郎兵衛(二代目)提灯屋

提灯屋(ちょうちんや)は古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、3代目三遊 …

■露の五郎兵衛(二代目)うなぎ屋(鰻屋)

新しく開業した鰻屋の主人が、上手に鰻を捌けないどころかつかむこともできずに四苦八 …

露の五郎兵衛(二代目)三人旅~浮之尼買い

世間一般、まだ旅行が特別な行事であった時代には家族、隣近所、あるいは自分自身にと …

露の五郎兵衛(二代目)指は知っていた
露の五郎兵衛(二代目)二番煎じ

原話は、1690年(元禄3年)に江戸で出版された小咄本『鹿の子ばなし』の「花見の …