【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)胴斬り

   

Sponsored Link

あらすじ

時は幕末。何かと言うと物騒な時代で、巷には辻斬りが横行したという。
ある男、夜分には出歩かないようにという大家の忠告をすっかり忘れて銭湯に出かけてしまい、その帰りがけに辻斬りに遭ってしまう。

辻斬り、居合の名手と見えて刀を抜きざま真横に斬り払ったのだが、よほど腕がよかったのか刀が名刀だったのか、男は上半身が横にずれて天水桶の上に乗っかっただけという状態で命が助かってしまう。

しかし、このままでは家に帰れないと困っていると、通りかかったのが男の兄貴分。
上半身は背負われ、下半身は褌を引っ張る形で無事に家まで連れ帰ってくれる。

翌日、兄貴分が様子を見に訪ねてくると、上半身は飯を食い、下半身はそこらじゅうを跳ね回っている。
最も下半身が跳ね回っているのには理由があって、元気なところを見せておかないと亡骸として墓に埋められてしまうからなのだが。
男曰く、切り口からは一滴の血も流れることなく、つるんとしているんだとか。

男はもともと大工だったのだが、こんな状態ではもう大工はできない。そこで兄貴分が持ってきたのが上半身は動かなくてもいい銭湯の番台勤め、下半身は足さえあればできる蒟蒻屋で蒟蒻玉を踏む仕事。

兄貴分の勧めに従い就職し、しばらくの時が過ぎた。
兄貴分が様子を伺いに行くと、銭湯、蒟蒻屋ともに「いい人を連れてきてくれた」と重宝している様子。

ただ、働いている当人たち曰く、
上半身「近頃目がかすむから、三里に灸をすえてくれ」

下半身「あまり茶ばかり飲むな、小便が近くていけねえ」

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■桂枝雀(二代目)高津の富(宿屋の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 上方落語では『高津の富(こうづ …

■桂枝雀(二代目)池田の猪買い(いけだのししかい)

池田の猪買い(いけだのししかい)は上方落語の演目で、北の旅噺の一つ。初代露の五郎 …

桂枝雀(二代目)産湯狐

  しばらくのあいだ、お付き合いを願うのであります。「狐・狸は人を化かす」といぅ …

桂枝雀(二代目)首提灯

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、安永3年(1774年) …

■桂枝雀(二代目)皿屋敷(お菊の皿)

あらすじ 播州赤穂城下の怪奇譚に、有名な皿屋敷というのがあった。 その昔、青山鉄 …

■桂枝雀(二代目)延陽伯(たらちね)

あらすじ 長屋の世話好きな大家さんが、店子の八つあん(八五郎)に嫁の話をもちかけ …

■桂枝雀(二代目)貧乏花見(長屋の花見)

「貧乏花見は落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである。江戸落語では「長屋の花 …

桂枝雀(二代目)はてなの茶碗(茶金)

はてなの茶碗(はてなのちゃわん)は、上方落語の演目の一つ。東京では「茶金」の名で …

■桂枝雀(二代目)英語落語 動物園 Rakugo in English WHITE LION (ZOO) by Katsura Shijaku
桂枝雀(二代目)九日目

あらすじ あちらこちらに声をかけ「何か手伝いは?」用事を言い付かってその日を暮ら …