【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

林家彦六(八代目 林家正蔵)普段の袴

   

Sponsored Link

あらすじ

上野広小路の御成街道には、お侍相手の武具店が多くあった。
そのうちの一軒に、細身の大小、羽織袴、白足袋に雪駄履き、白扇をにぎった人品の良い侍が立ちよる。
店の主人がもてなそうとすると「いや、今日は墓参の帰りじゃ。
供の者にはぐれたのでここで待たせて貰おう」と店先の床机に腰をかけ、しばしの休息。
腰からタバコ入れを取り出し、銀無垢の煙管(きせる)に上等なタバコを詰めて一服。

店に出してある鶴の絵に目を留め「これは良い絵じゃ」、店の主人は「お目が高い。
落款はありませんが、これは文晁(ぶんちょう)の作だと思います」
「文晁でなければ、かような絵は描けまい。文晁は名人だ」。

煙管の手入れが良く、感じたはずみで火玉が飛んで袴へ落ちた。
主人が「お袴が焦げます」と心配すると、侍はあせらず「なあに、これはいささか普段の袴だ」とおうようなもの。
そこに連れの者が現れ連れ立って帰って行った。

この一部始終を見ていた落語国の愛すべき軽い男。
自分も同じ事がしたくなり、長屋の大家に袴を借りにいく。
大家から「袴が必要なら祝儀か不祝儀か、どっちなんだ」
「そうなんです。むこうから祝儀が来て、こっちから不祝儀が来てぶつかって……喧嘩になって仲裁をしている。仲人(ちゅうにん)だから袴が必要」と解らない答え。

それでもヒダも無いぼろぼろの袴を借りると、印半纏に袴という不思議な格好で、先程の店へ。
職人言葉と武士言葉がデタラメに混ざった話し方で、先程の武士と同じ挨拶をして、店の主人が不審がるのを、むりやり床机に腰掛けた。
汚い煙管を出して、粉ばかりになったタバコを詰めて吸い始めた。

「これは結構な鶴の絵じゃなあ」
「はい文晁かと存じます」
「ブンチョウ?いや鶴だろう」と答え、笑われる。
やがて、侍の真似をして煙管の火玉を吹き上げようとしたが、ヤニが詰まって飛び出さない。
思いっ切り吹くと火玉がキリキリッと飛び出し脳天に落ちた。
「親方、これはいけません。頭に火玉が落ちました」
「なあに、心配するな。普段の頭だ」。

Sponsored Link

 - 林家彦六(八代目 林家正蔵)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■林家彦六(八代目 林家正蔵)中村仲蔵

あらすじ 明和3年(1766年)のこと。 苦労の末、名題(なだい)に昇進にした中 …

■林家彦六(八代目 林家正蔵) 死ぬなら今

あらすじ しわいやのケチ兵衛という男、爪に灯をともすようにして金を貯め込んできた …

林家彦六(八代目 林家正蔵)二つ面

昔は寄席で一年中怪談噺をしたものです。一朝老人なんかもやっていましたが、ただ、正 …

【リレー落語】三遊亭圓生~林家正蔵【真景累ヶ淵】
林家彦六(八代目 林家正蔵) 笠と赤い風車

浅草馬道にお豆腐屋さんの嘉吉(かきち)という店があった。夫婦の間に男の子が産まれ …

林家彦六(八代目 林家正蔵)首提灯

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、安永3年(1774年) …

林家彦六(八代目 林家正蔵)生きている小平次

江戸木挽町の山村座から奥州路に旅興行に出ましたが、その中に小役者の小幡小平次(こ …

林家彦六(八代目 林家正蔵) 頭山(あたま山・さくらんぼ)

頭山(あたまやま)は落語の演目の一つ。「頭山」は江戸落語での名称で、上方落語では …

林家彦六(八代目 林家正蔵)怪談累草紙(かさねぞうし)~親不知の場

二代目三遊亭圓生作、通称“古累(ふるがさね)”と称する「累草紙-親不知の場」の一 …

林家彦六(八代目 林家正蔵)蒟蒻問答(こんにゃく問答)

[落語でブッダ2-収録]