【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂枝雀(二代目)不動坊

      2019/03/14

Sponsored Link

不動坊(ふどうぼう)は古典落語の演目。
元々は上方落語の演目の一つで、東京にも移植された。
上方では3代目桂米朝、笑福亭仁鶴、2代目桂ざこば、3代目桂南光の、東京では9代目桂文治の得意ネタである。
2代目林家菊丸の作とされる。

あらすじ

長屋に住む利吉は真面目に働きこつこつと金をためている。
そんな利吉に感心した家主が「この長屋にはやもめが四人おるが、お前はんが一番しっかりしとる」と縁談を持ちかける。

裏に住む講釈師不動坊火焔が九州巡業中に急死した。

その未亡人お滝の後添えにならないか、ただし、不動坊の葬式代35円を立替える条件だがと勧める。
喜んだ利吉は二つ返事で承諾し、では今晩にでも祝言を挙げようということになる。

家主から今夜は花婿だから風呂に入っておけといわれ、利吉はいそいそと銭湯に行くが、風呂の中であれこれと今夜のことを思い、お滝さんが俺にこんな事を言うかなあと妄想にふけ、独り言を口走るうちにうっかり同じやもめ仲間の三人、新さん、裕さん、徳さんの悪口を言ってしまう。

折悪しくその徳さんが居合せていた。

「利吉さん。一体だれのことでんねん」

「あっ。うっかり言ってもた……ほなさいなら」と逃げるように去る利吉。

あとに残った徳さんは怒りが収まらない。
裕さん、新さんを呼んで復讐を企てる。
不動坊の知人の講釈師軽田道斎を不動坊本人の幽霊に仕立て縄を使って天井からぶら下げ、
「わしが死んで四十九日にもならんのに別の男と世帯持つとはけしからん。二人とも坊主になれ!」と恨み言を述べて二人を怖がらせ、坊主にさせようというのだ。

道斎もお滝に横恋慕して振られた遺恨があるものだから喜んで加わる。
婚礼も無事終わり夜更けとなったころ、徳さんたちは利吉の家の屋根に登り、不動坊の偽幽霊を使って利吉を脅かす。

だが、利吉は
「不動坊さん。わざわざ遠い十万億土からご苦労さんでんな。しかしな。わて、再婚するときあんたが残しはった葬礼代の肩代わりしましてんで」
と言い張る。

「ええ。そら知りまへん」

「ここに10円の金がおまっさかい、これを回向料としときま。さっさと往生しなはれ」

偽幽霊の道斎は金を貰い「四海浪静かに」と謡を歌いながら消えようとする。
だが、身体を支えていた縄が切れて道斎は下へ落ち、徳さんたちは逃げてしまう。

逃げ遅れた道斎は利吉に捕まり

「こら!おのれは誰や!」

「えっへへ。同じ講釈師の軽田道斎でおます」

「講釈師やとォ。講釈師が幽霊の真似さらすんかい」

「へい、幽霊稼ぎ人でおます」

サゲは「遊芸稼ぎ人」のモジリで、地口落ち。

前半の利吉のモノローグは「延陽伯」(東京の「たらちね」)と同工異曲である。
後半は徳さんらのドタバタ騒ぎ。
道斎扮する幽霊の出で芝居がかりになるなど山場の多い噺である。

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■桂枝雀(二代目)宿替え(粗忽の釘)

『宿替え』(やどがえ)は、上方落語の演目の一つ。江戸落語では『粗忽の釘』(そこつ …

■桂枝雀(二代目)山のあなた

あらすじ 毎日同じことの繰り返しで、朝目が覚めるなり、嫁さんにぎゃあぎゃあ言われ …

■桂枝雀(二代目)高津の富(宿屋の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 上方落語では『高津の富(こうづ …

桂枝雀(二代目)寝床

    寝床(ねどこ)は落語の演目の一つ。原話は、安永4年(1775年)に出版さ …

■桂枝雀(二代目)幽霊の辻

幽霊の辻(ゆうれんのつじ)は、上方落語の演目の一つ。落語作家の小佐田定雄が197 …

桂枝雀(二代目)九日目

あらすじ あちらこちらに声をかけ「何か手伝いは?」用事を言い付かってその日を暮ら …

桂枝雀(二代目)いらちの愛宕詣り

いらちの愛宕詣り(いらちのあたごまいり)は上方落語の演目の一つ。 東京に移植され …

■桂枝雀(二代目)皿屋敷(お菊の皿)

あらすじ 播州赤穂城下の怪奇譚に、有名な皿屋敷というのがあった。 その昔、青山鉄 …

桂枝雀(二代目)貧乏神
桂枝雀(二代目)米揚げ笊(こめあげいかき)

友人のいかき屋から、売り子を紹介して欲しいと言われた男が1人の男を紹介。 紹介状 …