【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

金原亭馬生(十代目)文違い

   

Sponsored Link

新宿の女郎お杉、客の半七と田舎の大尽・角蔵にそれぞれ金の無心をするが、実は間夫の芳兵衛のため。ところが芳兵衛が落とした手紙には……

Sponsored Link

 - 金原亭馬生(十代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

金原亭馬生(十代目)粗忽長屋

⇒★聴き比べ

金原亭馬生(十代目)もう半分

「もう半分」(もうはんぶん)は、落語の演目の一つで怪談話。別名「五勺酒」。 主な …

金原亭馬生(十代目)花見の仇討
金原亭馬生(十代目)花瓶(しびん)

原話は、宝暦13年(1763年)に出版された笑話本「軽口太平楽」の一遍である「し …

金原亭馬生(十代目)お富与三郎~与話情浮名横櫛(島抜け)

美男美女に生まれて災いを残しましたお富と与三郎。木更津の親分赤間源左衛門の妾・お …

金原亭馬生(十代目)あくび指南

町内の、もと医者が住んでいた空家に、最近変わった看板がかけられた。墨黒々と「あく …

金原亭馬生(十代目)宿屋の富(高津の富)
金原亭馬生(十代目)真景累ヶ淵(豊志賀の死)
金原亭馬生(十代目)今戸の狐

★聴き比べ ⇒志ん朝 今戸の狐 ⇒志ん生 今戸の狐

金原亭馬生(十代目)碁泥(碁どろ)

碁泥(ごどろ)は、落語の演目の1つ。上方では「碁打盗人」と呼ぶ。 現在は主に東京 …