【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)文違い

   

Sponsored Link

あらすじ

内藤新宿の女郎お杉には馴染み客として日向屋の半七、田舎客の角蔵が贔屓にしており、半七からは
「お父っあんが(二十両も)無心してきて…」
と偽って用意させた十両のうち五両とお足代の金子を、その隣の部屋に案内された角蔵からは当日行われる馬の取引のための預かり金を
「おっ母さんが病いだから…」
と偽って十五両もの金子を脅したりすかしたりして手に入れたが、その理由はというとお杉が間夫の芳次郎から
「眼病でこのままじゃあ目が見えなくなくなるので、薬代として二十両が要るんだ。」
と手紙で頼まれていたからである。

お杉は別室で待つ芳次郎に、長の無沙汰をつい咎めたせいで今度は逆に脅されたりすかされたりした後で芳次郎に金子を渡す。
芳次郎がそそくさと帰ったあとに手紙が置き忘れていることにふと気づき、何気なく読んだ内容には小筆なる女郎から芳次郎への金子の催促。
しかもお杉をだましてしまえと書かれている。

お杉が「畜生。あたしをだましやがって…」
と悔し涙に呉れている丁度そのころ、半七も部屋の中で、芳次郎からお杉への手紙を見つけ、だます相手に自分の名が書かれていることを知り悔しがる。

互いにだまされ合って気が立っている二人は、お杉が半七の部屋に戻るや否やすさまじい口論になる。
それを隣の部屋にいて聞いていた角蔵は、若い衆を呼びつけて
「間夫から金子を受け取ったとか渡したとかで、お杉が殴られているだ。止めてこ!」
(あの金子はお杉の親の病いのために俺が出したものだ)とも言うように頼もうとするが、
(いや、やめておこう。それじゃ俺が間夫とわかっちまうでねえかな。)
己惚れで目が曇った角蔵は自分が一番の被害者であるとも知らずに一人ほくそ笑んでいた。

概論

今の新宿にあった内藤新宿は、千住、品川、板橋を入れて「四宿」と呼ばれる江戸有数の遊里であるが、都心部から離れているので吉原とはワンランク落ちていた。
中山道の要所として多くの旅人でにぎわい女郎屋が軒を並べていた。
廓噺の傑作の一つであるが、内藤新宿を舞台としたのは意外と少なく、この噺と、八代目桂文治が得意とした「縮上がり」くらいである。

純情な遊女、軽薄な遊び人、色悪の間夫、どこかとぼけた田舎の客と登場人物も変化に富み、だまされる人間の心理を巧く表現している。
戦後は、3代目三遊亭小圓朝、6代目三遊亭圓生、5代目古今亭志ん生8代目三笑亭可楽などが得意とした。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目) 権兵衛狸
古今亭志ん生(五代目) 淀五郎

あらすじ 忠臣蔵の判官役が急病になり、名題に成り立ての弟子、沢村淀五郎が指名され …

古今亭志ん生(五代目)ふたなり

『ふたなり』は古典落語の演目の一つ。ふたなり(二形・半陰陽)をテーマとしている。 …

古今亭志ん生(五代目) 星野屋
古今亭志ん生(五代目)へっつい幽霊

竃幽霊(へっついゆうれい)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永2年(1773年) …

古今亭志ん生(五代目)富久

富久(とみきゅう)は古典落語の演目の一つ。 初代三遊亭圓朝の創作落語で、主な演者 …

古今亭志ん生(五代目)今戸の狐

こつ(千住)、ばくちの狐など、分かりにくい言葉が多いので、マクラで志ん生はこれら …

古今亭志ん生(五代目)抜け雀(1956年)

あらすじ 小田原宿に現れた若い男。 色白で肥えているが、風体はというと、黒羽二重 …

古今亭志ん生(五代目) 氏子中(町内の若い衆)

あらすじ ・氏子中(うじこじゅう) ある日、商用で出かけた亭主が出先から帰宅する …

古今亭志ん生(五代目)道灌

道灌(どうかん)は、落語の演目の一つ。 初代林家正蔵の咄本『笑富林』(1833年 …