【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂文楽(八代目)船徳(舟徳)

      2018/07/06

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 桂文楽(八代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■桂文楽(八代目)夢の酒

夢の酒(ゆめのさけ)は古典落語の演目の一つ。別題は『夢の悋気』。 原話は、安永3 …

■桂文楽(八代目) 明烏【十八番】

[文楽十八番] あらすじ 異常なまでにまじめ一方と近所で評判の日本橋田所町・日向 …

■桂文楽(八代目)干物箱

干物箱(ひものばこ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出 …

桂文楽(八代目) よかちょろ

●あらすじ 若だんなの道楽がひどく、一昨日使いに行ったきり戻らないので、だんなは …

桂文楽(八代目)しびん(花瓶)

しびんは古典落語の演目の一つ。原話は、宝暦13年(1763年)に出版された笑話本 …

■桂文楽(八代目) 按摩の炬燵

あらすじ 冬の寒い晩、出入りの按摩(あんま)に腰を揉ませている、ある大店の番頭。 …

■桂文楽(八代目)松山鏡

松山鏡(まつやまかがみ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、古代インドの民間説話を …

■桂文楽(八代目) 心眼

横浜から顔色を変えて梅喜(ばいき)が歩いて帰ってきた。聞くと弟に「穀潰しの、ど盲 …

桂文楽(八代目)鰻の幇間(うなぎのたいこ)【十八番】

明治中期ごろから初代柳家小せんが得意にし、その後5代目古今亭志ん生・8代目三笑亭 …

■桂文楽(八代目) つるつる

ころは大正。 吉原の幇間・一八は、副業に芸者置屋を営む師匠の家に居候している。 …