【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)ふたなり

   

Sponsored Link

『ふたなり』は古典落語の演目の一つ。ふたなり(二形・半陰陽)をテーマとしている。

上方では三代目桂米朝、四代目桂文紅などが主な演者。江戸版では地名などが変更されている。

金に眼がくらんで態度が変わる親爺の因業さや嫌なことを人に押し付ける若い者など、人間の業が生き生きと描かれている。

前半部の親爺と若い者のやり取り、中間部の親爺と娘との会話、後半部の書き置きを読むくだりのおかしさなど起伏に富んだストーリーで、東西ともによく演じられる。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)強情灸

強情灸(ごうじょうきゅう)は古典落語の演目の一つ。 元々は上方落語の『やいと丁稚 …

古今亭志ん生(五代目)たぬき(狸の札~狸の鯉)

★聴き比べ ⇒ http://rakugo-channel.tsuvasa.co …

古今亭志ん生(五代目)怪談牡丹灯籠(お露新三郎)

牛込の旗本・飯島平左衛門(いいじまへいざえもん)の一人娘お露(おつゆ)は、十六で …

古今亭志ん生(五代目) 羽衣の松

あらすじ 人というものは大変なもので、本当の美人は『顔の真ん中に鼻がある』と申し …

古今亭志ん生(五代目) 安兵衛狐

あらすじ 六軒長屋があり、四軒と二軒に分かれている。 四軒の方は互いに隣同士で仲 …

古今亭志ん生 (五代目)毛氈芝居(もうせんしばい)

この村はまだ芝居という物を観たことも無く、芝居が解りません。地方に出ていて、ひと …

古今亭志ん生(五代目)はてなの茶碗(茶金)

昭和30年代の音源 ★冒頭で 師匠:四代目 橘家圓喬について、自身のエピソードも …

古今亭志ん生(五代目)吉原綺談(上・中・下)芳原奇談雨夜鐘より

あらすじ ある日、やくざの権次が目にしたのは、下谷摩利支天横町の裏長屋に住んでい …

古今亭志ん生(五代目) しじみ売り(蜆売り)
古今亭志ん生(五代目)中村仲蔵

あらすじ 明和3(1766)年のこと。 苦労の末、名題に昇進にした中村仲蔵は、「 …