【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■古今亭志ん生(五代目)岸柳島(巌流島)

      2017/07/16

Sponsored Link

岸柳島(がんりゅうじま)は古典落語の演目の一つ。
「巌流島」とされる事もある(理由は後述)。原話は、安永2年(1773年)に出版された笑話本「坐笑産」の一遍である「むだ」。
元々は『桑名舟』という上方落語で、主な演者に5代目古今亭志ん生8代目三笑亭可楽、林家彦六などがいる。

あらすじ

さぁ事だ 馬の小便 渡し舟
浅草の厩橋にある舟着場。一艘の渡し舟が出ようとした瞬間、年のころは三十二、三の色の浅黒い侍が飛び込んできた。
「あー、もっとそっちィ寄れッ。町人の分際で何だその方たちは、あー? うー、人間の形をしてやがる。邪魔だッ。寄れ!!」
「これ以上よったら川に落ちます…」

「構わん。川に飛び込め! ・・・あー、目ばたきをしてはならん。・・・息をするなッ」
なんとも無茶苦茶な侍だ。不穏な空気を載せたまま、舟は渡し場を出発した。
それからしばらく経ち…。さっきの侍が、吸殻を落とそうと舟べりでキセルを叩いた途端、罹宇(らお)が緩んでいたと見え、雁首が取れて川の中に落ちてしまった。

「雁首を探すから、舟を止めろ!」
船頭に聞くと、ここは深くてもう取ることはできないという。
無念そうに侍がブツブツ言っていると、よせばいいのに乗り合わせた紙屑屋が、「不要になった吸い口を買い上げたいと」持ちかけた。
雁首無くしてイライラしている所で、この言葉を聞いた侍は逆上。

『落とした雁首と、貴様の雁首を引き換えに』するから、その首をこっちへ出せと大騒ぎになってしまう。
と…、中間(ちゅうげん)に槍を持たせた七十過ぎのお武家が、そこへ仲裁に乗り出した。

「お腹立ちでもござろうが、取るに足らぬ町人をお手討ちになったところで貴公の恥。乗り合わせたる一同も迷惑いたしますから、どうぞご勘弁を」
これで収まるかと思ったら、侍は仲裁に乗るどころか余計に怒り出し、お武家に決闘の申し込みをしてしまう。

最初は断っていた武家だが、あまりのしつこさに覚悟を決め、「ここでは迷惑がかかるから」と舟を岸辺に戻させた。
さあ、舟の中は大騒ぎ。
「どっちが強いかな?」
「そりゃあ、若侍のほうだろうよ。まず爺さんが斬られて、返す刀であの屑屋を斬る。そいからこんだ、てめえを真っ二つに…」
「何でだよ」
「オレが頼む。『えー、そっちが済みましたらついでに・・・・』」
「床屋じゃねえや」

若侍は袴の股立を取り、襷を掛けて、【居合い抜きの気が違ったよう】な格好をして「この爺、ただ一撃ちだ」と勇んで支度をしている。
一方のお武家は、ゆっくりと槍の鞘を払い、りゅうりゅうとしごいている。
さて、舟が岸辺に到着。侍がまず飛び降りるが、お武家は何故か降りない。

それどころか、侍が飛び降りた反動で舟が沖に向けて動き出した所を見計らって、槍の石突きで石垣をグーンと一突き。それでますます舟は後戻り…。たちまち岸を離れてしまった。
「こら、卑怯者! 船頭、返せ、戻せ!」
若侍は地団太踏んで怒鳴るが、老武家は相手にせず、
「船頭、あんな馬鹿に構わず、舟を出してしまえ」

老武家の機転に他の乗客たちは大喜び。
もうこわくないぞと、一人川岸に取り残された侍に野次を飛ばす。
「ざまあみやがれ、宵越しの天ぷらァ」
「何だい、そりゃ?」
「揚げっぱなしィ」
《テンプラ》の雑言に呆れつつ、「悔しければ橋を渡って追っかけてこい」などと怒鳴っている奴もいる。
それを聞いた侍は、何を思ったのかふんどし一丁になると、小刀(しょうとう)を咥えて川の中に飛び込んだ。
意趣返しに、舟底へ穴を開けて沈める気だ…。舟の中が大騒ぎになった。

お武家が「騒ぐな」と皆を制止していると、侍が水面に姿を現した。
お武家が「わしに謀(たばか)られたを恨み、舟を沈めに参ったか?」と訊ねると、若侍の答えは…。

「なぁに、さっきの雁首を探しに来た」

「巌流島」か「岸柳島」か

『桑名舟』を東京に移す際、講釈種の『佐々木巌流』の一節が加味される事になった。
そのせいか、もとは若侍を岸に揚げた後、お武家が『昔、巌流(小次郎)がしつこく立ち会いを挑む相手を小島に揚げて舟を返し、勝負をしなかった』という伝説を物語る場面が存在していた。
この説明がなければ、「巌流」といっても何のことかわからず、むしろ「岸柳島」の演題が正しいと三遊亭円朝は述べている。

志ん生と「岸柳島」

ともすれば「血の雨」が降りかねなかったこの状況を、抱腹絶倒の物語に仕立てたのは五代目志ん生だった。
今回のあらすじは彼の口演を参考にしたもので、『目ばたきをしてはならん。息をするな』や『オレが頼む』という件や、『宵越しの天ぷら』といった件は彼が考案した。

可楽の「岸柳島」

いかにも江戸落語らしいあっさりとした演出であるが、当世風のクスグリを入れるのが好きな可楽は、『宵越しの天ぷら』のくだりを『人工衛星の犬』と変えていた。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 稽古屋

稽古屋(けいこや)は落語の演目の一つ。上方、東京とも同じ題である。 初代桂小文治 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 安中草三牢破り

柳生流奥義の伝書を持つ恒川半三郎と、その剣の弟子で家臣の草三郎(安中草三)。 二 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) おせつ徳三郎(刀屋)

お店のお嬢様のおせつと奉公人の徳三郎が恋仲に落ちた。それが明るみに出て、徳三郎は …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)狸賽(たぬさい・たぬき)

あらすじ あるバクチ打ちの男。 誰か夜中に訪ねてきたので開けてみると、何と子狸。 …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)中村仲蔵

あらすじ 明和3(1766)年のこと。 苦労の末、名題に昇進にした中村仲蔵は、「 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 夏なれや

Sponsored Link

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 塩原多助一代記~道連れ小平

塩原多助序 上州沼田に300石の田地を有する豊かな塩原家の養子多助は、養父角右衛 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)今戸の狐

こつ(千住)、ばくちの狐など、分かりにくい言葉が多いので、マクラで志ん生はこれら …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)泣き塩(焼き塩)

泣き塩(なきしお)は、元々は上方落語の演目で、3代目桂文団治が得意としていた。狂 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)親子酒

親子酒(おやこざけ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は上方の初代露の五郎兵衛が宝 …