【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)祇園祭(祇園会)

   

Sponsored Link

『祇園会』(ぎおんえ)は古典落語の演目の一つ。
原話は、天保年間に出版された笑話本・「如是我聞」の一遍である『都人』。別題は『京見物』。

京者の暴言に激怒し、怒り心頭で怒鳴りまくる江戸ッ子と、原因を作っておきながらいけしゃあしゃあと京の自慢を続ける京者の対比が特徴の噺。

『祇園会』だけを演じる場合は、『片棒』と同じく祭囃子を口で演じる場面が入るのが通例となっている。

主な演者には、4代目橘家圓喬8代目桂文治などがいる。
とくに8代目文治の口演は演者自身が上方で修業したこともあり、上方と江戸の言葉の使い分けが絶品で、「祇園祭の文治」という通り名で呼ばれていたほど上手だったと言う。

三人の江戸っ子が京見物に出かける。道中にぎやかに京へ着き、ともかく湯に入ろうと、近くの八百屋へとび込んできくと、「ゆならおます」と待ってきたのは柚(ゆず)。

入浴のほうは「そりゃ風呂屋どすえ」と教えられ、京言葉にすっかりまごつく。
二人は江戸ヘもどり、留公一人が京へ残っているうちに、六月になって祇園祭りとなる。
さそわれるままに見物に出かける。

京の人を相手に話は京都目慢、江戸自慢となる。
京の人が祇園祭りの囃子をやり、留公は神田祭の囃子をやってやり込める。

京の人がI京の紫宸殿(ししんでん)のお砂をつかんでみなされ、オコリ(熱病)がおちるわな」とくやしかると、
「なにをいやァがる。江戸の白州の砂利をつかんでみろ」
「オコリが落ちまっか」
「首が落ちらア」とサゲになる。

これは、江戸から京都への上り旅のシリーズのうちの大団円の一席とされている。
むかしは、東海道を上る「旅の落語」が、いくつもあったというが、いまはほとんど残っていない。
志ん生演出をきくと、途中に『二人旅』『三人旅』の一部が入り、京の宿では『三人絵師』がちょっぴり入る。
江戸ツ子側から見た旅のはなしなので、自慢くらべはどうしても、江戸ツ子側に軍配が上る。
文治のものもそうだった。

★聴き比べ ⇒ 桂文治(八代目) 祇園会(祇園祭)

内容

オムニバス形式の落語であり、演者によってさまざまな組み合わせが見られる。

発端

八五郎が無尽に当たり、一晩で大金持ちになった。
「こりゃあいい」と大喜びしていたら、親戚一同に『宵越しの銭を持たないのが江戸っ子だ!!』と責められて旅に出る事に。

仲良しの熊五郎・半次を誘い、京都の叔父を頼って都見物にやってきたが、あいにくの旅疲れか八五郎一人がドッと患ってしまう。
病が長引いたので、友達二人は先に江戸に帰り、八公一人残って養生するうち、三月ほどしてようやく動けるようになった。

祇園会

祇園会の時期。
一度、話の種に見たいと思っていたので、叔父の案内で祇園新地の揚屋(あげや)の二階を借り、酒を飲みながら祭り見物をすることに。
ところが、当日になって叔父さんが急に行けなくなり、代わりに叔父さんの友達だという男がやって来た。
源兵衛というその男と八、そして途中で知り合った上方者の都合三人で祭り見物。

江戸の祭と違い、山車(だし)の出が遅くて、四ツ(夜10時過ぎ)を過ぎてもなかなかやって来ない。
おまけに源兵衛はやたらと国自慢ばかりする男で、何かにつけて「京は王城の地」とうるさいの何の…。
「酒は伏見、人は京。
なんて言うたかて京は『王城の地』どすからな。
江戸とは違いますわ」ちょっとカチンときたものの、ここで怒っては江戸っ子の評判を下げるので、我慢をして聞いている八五郎。
それに気をよくしたのか、源兵衛とうとうが言ってはいけない言葉を口にしてしまった!

「江戸ッ子なんか、所詮は東夷の田舎者どすな」

ここでとうとう八五郎が爆発!!

「いくら古いか知らないが、こんな抹香臭い所はもうたくさんだ!!」

そこからは土地柄から食べ物、果ては祭囃子まで飛び出す壮絶なお国自慢が勃発。

「御所の紫宸殿の砂利を掴んでみなはれ、瘧(おこり)が落ちるちぃまんにゃ」

「それが如何した!? こっちだって江戸城の砂利を掴んでみろい…」

「どうなります?」

「首が落ちらぁ!」

およく

大坂者のとりなしで何とか騒ぎも一段落し、しばらく経った所で八が「芸妓を一人買ってみてえ」と言い出した。
しかし、今は祭礼の真っ最中。

茶屋に残っている芸妓にはろくなのがおまへんと女将さんは渋い顔だ。
それでも一人いるにはいるが、その女は欲が深く、客の商売に応じて「あれが欲しい、それが欲しい」と無心ばかりするので評判が悪いのだという。
茶屋の女将が渋るのを、「八がねだってもとてもやれないような商売を言うことにしよう」と提案したので、それはおもろいとみんな賛成する。
やってきたのは亀吉という芸妓。

鴨川の水で洗いあげ、なかなかいい女だが…。
案の定、いきなり「お客はん商売は何どす?」ときたから一同呆れた。
源兵衛が飛脚屋だと言うと、「私の客が名古屋にいるよって、手紙を届けておくれんか?」

もう一人が石屋だと言うと、
「父親の七回忌だから、石碑を一本タダでおくれやす」

「江戸はん、あんた商売は何どす?」

「聞いて驚くな。オレは死人を焼く商売だ!」

「そうどすか。おんぼうはんにご無心がおます」

「おんぼうに無心とは何だ?」

「私が死んだら、タダで焼いておくれやす」

東男

今度は大坂見物になったが、また八と源兵衛の自慢合戦が始まってしまう。
妙国寺の大蘇鉄を見せられ、

「江戸へ帰んなはったら土産話にしなはれ。これが名代の妙国寺の蘇鉄だす」

「なんだ、オレはまた、わさびかと思った」

原点・「三人旅」

本作は古くからある江戸落語の連作長編「三人旅」の終わりの部分が独立した作品。
昔は、東海道五十三次の宿場一つ一つに対応した噺が存在したが、現在では「神奈川」、「小田原」とこの「祇園会」しか残っていない。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)お茶汲み

狂言『墨塗女』をもとに軽口噺『墨ぬり』が出来る。上方落語では『黒玉つぶし』で演じ …

古今亭志ん生(五代目) つるつる*

八代目桂文楽が、それまでこっけい噺としてのみ演じられてきたものを、幇間の悲哀や、 …

古今亭志ん生(五代目)探偵うどん

探偵うどん(たんていうどん)は古典落語の演目の一つ。 元々は『警察うどん』という …

古今亭志ん生(五代目) 千早振る

『千早振る』(ちはやぶる / ちはやふる)は、古典落語の演目の一つ。 別題は『百 …

古今亭志ん生(五代目)そば清(蛇含草)

別題:蕎麦の羽織/蕎麦の清兵衛 東京の3代目桂三木助が、『蛇含草』の登場人物と主 …

古今亭志ん生「で、この~酒の問題ですがねぇ・・・」

語り:小沢昭一

古今亭志ん生(五代目) 真田小僧

前座噺とし使う場合は、サゲまでやらずに途中で切ることが多い。志ん生が、前座の頃の …

■古今亭志ん生(五代目)風呂敷

風呂敷(ふろしき・ふるしき)は古典落語の演目の一つ。別題は『風呂敷間男』。 原話 …

■古今亭志ん生(五代目)岸柳島(巌流島)

岸柳島(がんりゅうじま)は古典落語の演目の一つ。 「巌流島」とされる事もある(理 …

古今亭志ん生(五代目)締め込み

泥棒をシテ役とする噺は、この噺をはじめ、やかん泥/夏泥/穴泥/芋泥/もぐら泥/花 …