【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎/午後の保健室

   

Sponsored Link

ある中学の午後の保健室、やったらおっさん臭い喋りをする男が一人、ベッドで横になり、保健の先生(もち女性)にはなしかけている。
おやじギャグを言ったり、嫌、参った名なんておでこをポンとたたいたり、セクハラまがいの発言したりでじっつにおやじ臭いのだが中三の生徒である。、それも生徒会長である。

私の体は不調だが、実際は生徒かいちょーとか馬鹿馬鹿しいおやじギャグを放ち、一人でどわっはっはと悦に入ってたりするそこに、今時の若者言葉ばりばりの男が入ってくる。

なんかチョー腹痛くなっちゃってぇ、ベッドで寝かしてくれとか、うっぜえとかなんとか言ってる彼は、実はこの学校の校長である。
どう考えてもこの二人キャラが逆だ。
しかし、ここの保健の先生、いかにも20代の女性言葉で、喋り捲ってるけれど、実は還暦だったりするのだった……

というある日の保健室のスケッチ噺。

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家喬太郎/結石移動症

あらすじ 池袋で洋食屋を営むおやじ、ケンちゃん。 近くにあるソープランド「丸海老 …

柳家喬太郎/白日の約束

あらすじ 三十七歳になるまで、女性にまったくモテなかった男が、会社の同僚OLから …

柳家喬太郎/喜劇駅前結社

あらすじ そば屋の親父が娘に小言を言う。 娘はそば屋としての腕もいいが、たらこざ …

柳家喬太郎/孫帰る

もうすぐ夏休みで、夏休みといえば祖父の家に遊びに行ったことを思い出す、とあって、 …

柳家喬太郎/家見舞い(肥瓶)

「家見舞」は古典落語の演目の一つ。「肥瓶」とも呼ばれる。 上方では「祝いの壺」と …

柳家喬太郎/いし

あらすじ 月曜日の朝、アパートの部屋でひとりの男が目を覚ましました。 35歳独身 …

柳家喬太郎/寿司屋水滸伝

あらすじ 舞台は、とある寿司屋。 この店の主人は二代目で、洋食料理の修業はしたが …

柳家喬太郎/お菊の皿(皿屋敷)

お菊の皿(おきくのさら)は古典落語の演目の一つ。 古典的な怪談である皿屋敷を下敷 …

■柳家喬太郎/夜の慣用句

落語 柳家喬太郎 「夜の慣用句」 夜の慣用句(よるのかんようく)は、柳家喬太郎に …

柳家喬太郎/冬のそなた