【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)権兵衛狸

   

Sponsored Link

あらすじ

王子の在に権兵衛さんという独り者が住んでいた。
近所の若者が権兵衛さん家に集まって楽しんでいた。

ある晩みんなが帰って戸締まりをして寝ると、表の戸をドンドンと叩き「権兵衛、権兵衛」と呼ぶ声が聞こえた。
表に出てみたが誰もいなかった。
また横になると、表の戸をドンドンと叩き「権兵衛、権兵衛」と呼ぶ声が聞こえた。表に出ると誰もいない。

何回か同じ事が繰り返された。権兵衛さん考えた。これは狸の悪さでないかと。
そこで、戸を閉めて、戻った振りをして戸に手を掛けて待っていた。
狸は後ろ向きになって、頭の後ろでドンドンと叩いていた。
「権兵衛、権兵衛」と言うが早いか引き戸をガラッと開けると、狸はもんどり打って土間に転がり込んできた。
格闘の末、生け捕って、天井から吊しておいた。
翌朝、友達が訪ねてきてこの狸を見つけた。

「わしも、先日土橋を渡ろうとすると、お婆さんが川に転げ落ちた。寒かったが飛び込んでやっと助け上げた。橋に上げて『婆~さまよ~。
しっかりしろよ~』と声を掛けて、よく見ると炭俵だった。それはこの狸がやったのだ。皮を剥いで狸汁にして、革は襟巻きにするから俺にくれ」。

「それはだめだ。今日はとっつぁまの命日だから、逃がしてヤルだ」。

狸を梁から降ろして、
「何でお前はそんなに悪さをするのだ。だから狸汁にして食ってしまおうと言われるのだ。悪さをしない狸だっているのに、お前が悪さをするのでみんな悪狸になってしまうのだ。今日は逃がしてやるが、背中の毛を刈り取ってやる。夜風に吹かれて寒い思いをしたら思い出して悪さをするな」。

権兵衛さんハサミで背中の毛を刈り取った。頭も伸びていたので刈ってやって、逃がした。
これで、今晩はゆっくり寝られるだろうと思っていた。
枕に着いてトロトロっとすると、表の戸をドンドンと叩き「権兵衛さん、権兵衛さん」と呼ぶ声が聞こえた。

「また来やがったか、昨夜は権兵衛だったが、今晩は権兵衛さんと”さん”付けで呼んでいやがら」。

権兵衛さんハサミを持ってそーっと戸に近づき、ドンドンと叩いた拍子に戸を開けると、狸が飛び込んできた。

「さっきは背中と頭を刈ってやったのに、まだ分からないか。」

「すいません。今度はヒゲをやってくださいな」。

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■桂枝雀(二代目)幽霊の辻

幽霊の辻(ゆうれんのつじ)は、上方落語の演目の一つ。落語作家の小佐田定雄が197 …

桂枝雀(二代目)猫

あらすじ わたしは猫です。 名前を五郎といい、っちゅうか、今の飼い主の付けた名が …

■桂枝雀(二代目)夢たまご
■桂枝雀(二代目)蛇含草

あらすじ 夏のある日。一人の男が甚平を着て友人(東京では隠居)の家に遊びに行った …

■桂枝雀(二代目)春風屋

年が明けてめでたいことじゃ。こんな時には酒に限る。ちらちら降り出したな、雪見酒。 …

桂枝雀(二代目)スビバセンおじさん

ショートショートで、おじさんへの質問とその答えでなる。 おじさんは雲を食べるとい …

■桂枝雀(二代目)不動坊

不動坊(ふどうぼう)は古典落語の演目。元々は上方落語の演目の一つで、東京にも移植 …

■桂枝雀(二代目)兵庫船(兵庫舟)

兵庫船(ひょうごふね)は古典落語の演目のひとつ。 原話は、文化年間に出版された笑 …

桂枝雀(二代目)馬の消えた日(干支落語シリーズ1990庚午)

■桂枝雀 馬の消えた日 原作:小佐田定雄 「干支落語シリーズ1990」 午年が明 …

桂枝雀(二代目)いらちの愛宕詣り

いらちの愛宕詣り(いらちのあたごまいり)は上方落語の演目の一つ。 東京に移植され …