【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)花筏

   

Sponsored Link

あらすじ

提灯屋の七兵衛の家を、知り合いの相撲の親方が訪ねてきた。
聞けば、患っている部屋の看板力士・大関花筏が、明日をも知れない容体だという。
実は親方、銚子で相撲の興行を請け負ったが、向こうは花筏一人が目当てで、顔を見せるだけでも連れていかないわけにいかず、かといって延期もできないしと、頭を抱えていた時思い出したのが提灯屋で、太っていてかっぷくがよく、顔は花筏に瓜二つ。

この際、こいつを替え玉にと、頼みにやって来た次第。
相撲は取らなくてもいいし、手間賃は一日二分出すという。
提灯張りの手間賃の倍だから、七兵衛もその気になった。
その上、のみ放題食い放題、どっかとあぐらをかき、相撲を見ていればいいというのだからおいしい話。

早速、承知して、銚子へ乗り込むことになった。
相撲の盛んな土地で、飛び入りで土地の者も大勢とっかかる中、際立って強いのが、千鳥ケ浜大五郎と名乗る網元のせがれ。

プロを相手に六日間負けなしで、いよいよ明日が千秋楽。
こうなると勧進元が、どうしても大関花筏と取らせろと、きかない。
病人だと断っても「宿で聞いてみたら、酒は一日二升、大飯は食らうし、色艶はいい、あんな病人はない」と言われれば、親方も返す言葉がなく、しぶしぶ承知してしまった。
驚いたのは提灯屋。

あんなものすごいのとやったら、投げ殺される。
約束が違うから帰ると怒るのを、親方がなだめすかす。
当人もよくないので、大酒大飯だけならともかく、宿の女中に夜這いに行ったのを見られてはどうにもならない。
「立ち会いに前へ手をパッと出し、相手の体に触れたと思ったら後ろへひっくり返れ。
そうすれば、客も病気のせいだと納得して大関の名に傷もつかず、五体満足で江戸へ帰れる」と親方に言い含められ、七兵衛も泣く泣く承知。

一方、千鳥ケ浜のおやじは、せがれが明日大関と取り組むと知って、愕然。
向こうは今までわざと負けて花を持たせてくれたのがわからないかと、しかる。
明日は千秋楽だから、後は野となれで、腕の一本どころか、投げ殺されかねない。
どうしても取るなら勘当だと、言い渡す。

翌朝、千鳥ケ浜は辞退しようとしたがもう遅く、名前を呼び上げられ、いつの間にか土俵に押し上げられてしまった。
提灯屋、相手を見ると恐いから、目をつぶって仕切っていたが、これでは呼吸が合わず、行司がいつまでたっても「まだまだッ」しびれを切らして目を開けると、千鳥ケ浜の両目がギラリと光ったから、驚いた。
これは間違いなく命はないと悲しくなり、思わず涙がポロポロ。
脇の下から、冷や汗がたらたらと流れる。

土俵に吸い込まれるように錯覚して、思わず「南無阿弥陀仏」これを見て驚いたのが千鳥ケ浜で、土俵で念仏とは、さてはオレを投げ殺す気だと、こちらも涙がポロリ、冷や汗タラリで「南無阿弥陀仏」両方で泣きながらナムアミダブツ、ナムアミダブツとやっているから、まるでお通夜。

行司、しかたなくいい加減に「ハッケヨイ」と立ち上がらせると、提灯屋は目をつぶって両手を突き出し、「わァッ」と後ろへひっくり返ったが、片方は恐怖のあまり立ち遅れて、目と鼻の間に提灯屋の指が入り、先に尻餠。

客が「どうだい。さすがは花筏。あの人の張り手は大したもんだ」

───────────────
*張り(=貼り)手がいいわけで、提灯屋だから。

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀(二代目)日和違い(日和ちがい)

あらすじ ある男が、出かけるにあたり雨に降られたら困る、というので天気はどうか、 …

桂枝雀
桂枝雀 不動坊

不動坊(ふどうぼう)は古典落語の演目。 元々は上方落語の演目の一つで、東京にも移 …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀 義眼
桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀 こぶ弁慶

『こぶ弁慶』(こぶべんけい)は上方落語の演目の一つ。『大津の宿瘤弁慶』とも。 作 …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀(二代目)鉄砲勇助(嘘つき村)

『鉄砲勇助』は1773年(安永2年)に刊行された笑話本『口拍子』の一編 「角力取 …

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀 くしゃみ講釈

あらすじ 講釈師にあることで恨みを持った男が、相棒と相談してこの講釈師を困らせて …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀(二代目)夏の医者

「夏の医者」(なつのいしゃ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、明和2年(176 …

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀 宿替え(粗忽の釘)

『宿替え』(やどがえ)は、上方落語の演目の一つ。江戸落語では『粗忽の釘』(そこつ …

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀(二代目)舟弁慶(船弁慶)

あらすじ ある日、喜六が家でぼんやりと留守番をしていると、友人の清八が「涼みがて …

桂枝雀
桂枝雀 宿屋仇(やどやがたき) NHK STEREO放送 第ニ夜

昭和56年3月2日、NHK=FMは、それまでモノラルが当たり前であった落語をステ …