【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家小さん(五代目)花見小僧

   

Sponsored Link

あらすじ

ある大店の一人娘、おせつは昨年から何度も見合いをしているが、何やかやと理由をつけては縁談を断ってしまうので主人は憂い顔。家には跡取りがいないので、早く婿をとらなくてはならないのだ。
ある日のこと、おせつが琴の稽古に出かけたすきを見て、店の番頭が主人に注進する。
「お嬢様には悪い虫が付いています」。
びっくりする主人に、番頭はおそらく奉公人の徳三郎といい仲になっているのではないかと私見を述べる。

徳三郎は主人の遠縁で、両親がいないため、子供の頃から奉公人として店に置いてきた。
おせつと徳三郎はいわば「幼なじみ」だが、ふたりがわりない仲になっていることを主人は信じられない。

番頭は、昨年の春、おせつと徳三郎、ばあやらが向島に花見に行った折り、何かがあったに違いないと推理。
花見の供をした小僧の定吉に事情を語らせようと提案する。
番頭の言うとおり、定吉を座敷に呼んで話を聞いてみると……

Sponsored Link

 - 柳家小さん(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家小さん(五代目)時そば(時蕎麦)

  あらすじ・解説 江戸時代の時刻は、一時とか五時とか言わずに、四つと …

■柳家小さん(五代目) 一目上がり(ひとめあがり)

あらすじ 新年の挨拶に訪れた八つぁんは隠居の家にある掛け軸に目がいった。 「雪折 …

柳家小さん(五代目)真田小僧

親父が小遣いをくれないので 「よそのおじさんが訪ねて来た話をすれば、母ちゃんから …

柳家小さん(五代目)藪医者

はやらない藪医者先生。 あまりにも患者が来ないので考えたあげくに、奉公人の権助を …

柳家小さん(五代目) 試し酒

試し酒(ためしざけ)は、落語の演目。 落語研究家の今村信雄(1894年-1959 …

柳家小さん(五代目)二人旅

解説 道中のなぞ掛け、都々逸を付けたのは四代目小さんの工夫で、上方の「野辺歌」の …

■柳家小さん(五代目)粗忽長屋

⇒★聴き比べ あらすじ 朝から夫婦喧嘩しやがって。 おらぁ独り者だ。 だって、こ …

柳家小さん(五代目) 粗忽の釘

5代目柳家 小さん(やなぎや こさん、1915年〈大正4年〉1月2日 &#821 …

柳家小さん(五代目)長短
■柳家小さん(五代目)長者番付(うんつく酒)