【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん朝/羽織の遊び

   

Sponsored Link

あらすじ

遊びに行きたい連中が集まったが、遊びにと言っても裏の公園にブランコ乗りに行くのではない。
吉原だから金がかかり、行きたいのに金が無い。
スポンサーに伊勢屋の若旦那が候補に挙がったが、キザでイヤだというが……
そこに伊勢屋の若旦那が通りかかった。

「若旦那よってらっしゃいよ」
「こんつわ」
「ま、一服なさいよ」
「ちょと、いつふくやるかね」
座布団を出して下にも置かない体制を敷いた。

「女湯では大評判」だと持ち上げ、
「女の子がほっておかない顔だよ」と二の矢を放ち
「昨夜はご自宅でお休みではないでしょ」と持ち上げ
「昨夜はロウに行きました」

「若旦那は牢に行ったんだって、小菅ですか」
「ロウとは青楼のことで、廓(くるわ)で遊んだ」。
「どんな具合でした」
「昨夜2時半頃、婦人が起き上がって『そんなに眠いのは前の晩に夜通し起きていたからでしょ』と、カンザシ抜いて私の鼻の中に入れかき回した。痛かった」
「それは痛かっただろう」
「それから3時頃には、みぞおちのところを肘でグリグリとされたが、これも痛かった」
「急所だね」
「夜の明ける頃に、喉笛に」
「化け物だね」。
「そんなにモテるところを見てみたいもんだ。お供させて下さいよ」と、ねだった。そのかわり我々は芸人が揃っているので退屈させない。しゃっちょこだちや鼻からうどんを食う。「あまり良い芸では無いな。私は一中ですな」
「越中ですか。昔はみんな締めたんだが最近は……」
「越中ふんどしではなく、一中で河東を知っていますか」
「加藤さんなら床屋の親父です」。
「せっかくだからご同伴を願うか」
「ご同伴は落っこどしちゃった」
「品物ではなく、一緒に行くことで……」
「ではお願いします」
「今回は生花の朋友と言うことですから羽織が無ければいけません」。
と言うことで、まちまちの羽織を着込んで集まった。熊だけは無いので勘弁してくれと頼んだが、ダメだときっぱりと断られた。

あわてた熊は差配のところに借りに行ったが、あいにく出掛けて留守であった。
「出掛けたのなら羽織を着ていったでしょ。それではもう、羽織は無いでしょ」
奥様
「失礼ね。他にも何枚か有るわよ」。
「では、見せてください。へ~、何枚も有るんですね。これは紋付きで、紋はウワバミですね」
「そんな紋は無いよ。カタバミだよ」
「チョッと掛けさせてください。……紋付きはダメだ。落語家みたいで。これは、」
「結城だよ」
「さっき仲間が着てたやつだ。アッシが着てどうです」
「職人には嫌みが無くて良いよ」
「どうだい」
「案外粋になるね。家の人と同じでぴったり似合うよ」
「さようなら」
「おいおい、貸すとも何とも言っていないよ」
「貸してください。今夜、女郎(じょうろ)買いに吉原に行くんで、私だけ無いと行けないんです。一晩だから」
「ダメだよ。脱いで。吉原に行ったと言えば私が叱られる。祝儀不祝儀なら貸さないでもない」
「そう不祝儀です」
「誰が死んだんだね」
「あの~、あの……、小間物屋の藤兵衛さん」
「いつ?」
「明け方」
「おかしいね。先程、荷を背負って家の前を通ったよ」
「しょうがない爺(じじい)だな。死んだことを忘れたんだな」
「誰なんだい」
「間違えちゃった。爺でなく、婆(ばばあ)だ。長屋の糊屋の婆ですよ」
「大きな声出すんじゃないよ。今、二階で仕事をしているよ」
「えぇ、二階で」
「ホントは誰が死んだんだよ」

「その内、誰かが死にましょう」。ヒドいヤツが居るもんです。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん朝/品川心中

品川の遊郭を舞台にした噺である。前半では女郎と客の心中がテーマとなっているが、後 …

古今亭志ん朝 雛鍔(ひなつば)

雛鍔(ひなつば)は古典落語の演目の一つ。 原話は、享保18年(1733年)に出版 …

■古今亭志ん朝/宗珉の滝(そうみんのたき)

あらすじ 二代目橫谷宗珉の若かりし時の話。 江戸時代腰元彫りの名人橫谷宗珉の弟子 …

古今亭志ん朝 佐々木政談(池田大助)

あらすじ 嘉永年間のこと。 名奉行で知られた南町奉行・佐々木信濃守が、非番なので …

古今亭志ん朝/佃祭

神田お玉が池、小間物屋・次郎兵衛さんが佃島で開かれる、住吉神社の大祭、”佃祭り” …

■古今亭志ん朝/お直し

吉原の中見世で、売れていたが少しトウの立った女郎と客引きの牛(ぎゅう)がくっつい …

■古今亭志ん朝/井戸の茶碗

あらすじ くず屋の清兵衛は曲がったことが大嫌い。人呼んで正直清兵衛。 ある日、み …

古今亭志ん朝 刀屋(おせつ徳三郎)

あらすじ 日本橋横山町の大店の娘おせつ。 評判の器量よしなので、今まで星の数ほど …

古今亭志ん朝 大工調べ

あらすじ 大工の与太郎は、住んでいる長屋の家賃を滞納していたために、大家から商売 …

古今亭志ん朝 火事息子

田三河町の質屋の近くで火事が出た。火はは下火だが、蔵の目塗りをしていない。 職業 …