【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂枝雀(二代目)春風屋

      2019/05/22

Sponsored Link

年が明けてめでたいことじゃ。こんな時には酒に限る。ちらちら降り出したな、雪見酒。たまにこうして降ってくれるとありがたいもんじゃな。くー、うまい。

寒さが去ると春先になる。

春風屋~春風屋~ひと吹き十銭。
春風ひと吹き十銭でございます。そこへなんでしたら桜の風、桃の風、梅の風を入れていただくともう二銭。

あったかい風が吹いてきたなあ。二銭出したら梅、桃、桜の風・・・
おー、吹き出したな、いいもんや。

こうしていると五月、五月晴れだ。

五月晴れ屋~五月晴れ屋~。
ひとはり十銭。五月晴れ屋~。

ひとはりたのむで。

あとに二銭だしていただくとうすぐもをつけますが。

またかいな、それたのむわ。

ほんにあそこにうすいうすぐもがかかってはる。
五月鯉のぼり・・親の、子へのねがいやそうだ。ありがたいこっちゃなあ。

しとしと降ってきたがな。うっとうしい、だがこれも人間の勝手や。

あついなあー。かなわんなー。
ここらでひと降り欲しいなあ。

夕立屋~ひと降り十銭・・・ひと降り十銭~

夕立ち屋、ひと降りたのむで、なんでも十銭かい

あと二銭付けますとかみなり、稲光をお付けいたします。

ほら、降ってきよった。
すごいなあ、あー、びっくりした。でもスっとしたな。ここらでもういっぱい飲まないかんな

ぼちぼち秋をむかえるか。うちにいてもしょうない。あー名月や。ほほにあたるかぜがたまらんな。

名月屋~、名月屋~。 あーほほにあたるかぜがすずしいな。お、名月屋がならんではる。

大、小いろいろありまする 極小もあります。

中にしておいてもらおうか。

この月に影をちょっとあしらうと二銭です。
お持ち帰りでございますか?

いやいやこっちであげてもらおうか。

のぼった・・はー、りっぱんもんやな。やっぱり、素人があげるのんと玄人ではちがうな。
月月に月見る月は・・・
名月をとってくれろと泣く子かな・・・

おう、除夜の鐘か、もう一年ったんやな、月日の経つのは早いもんや。ぼちぼち商売にでよか。

初日の出屋~、初日の出屋~・・・ひともり十銭。もう二銭だしていただくと若水をおつけいたします・・・・。

[出典:http://blogs.yahoo.co.jp/trickstar2003jp/53762755.html]

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂枝雀(二代目)くやみ

いろんなあいさつのなかで、いちはん難しいのが、「くやみ」やそうですな。 今の人、 …

■桂枝雀(二代目)茶漬えんま

  え~、一席聞ぃていただきますが「茶漬けえんま」といぅお噺で、新作なんです。今 …

■桂枝雀(二代目)貧乏花見(長屋の花見)

「貧乏花見は落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである。江戸落語では「長屋の花 …

桂枝雀(二代目)一人酒盛り

あらすじ 引越ししたばかりの男の家に友人が遊びに来る。 男は酒でも用意するからゆ …

桂枝雀(二代目)恨み酒

あらすじ 開店前の飲み屋に入って来た男、 「何年も前に来たが、酒も肴もおいしかっ …

■桂枝雀(二代目)鷺とり(鷺取り)

  鷺とり(さぎとり)は、古典落語の演目の一つ。原話は、寛政3年(1791年)に …

桂枝雀(二代目)崇徳院

  『崇徳院』(すとくいん)は、古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、後 …

■桂枝雀(二代目)質屋蔵

質屋蔵は古典落語の一つ。元々は上方落語の演目で、東京に移入された時期は不明。 三 …

桂枝雀(二代目)いらちの愛宕詣り

いらちの愛宕詣り(いらちのあたごまいり)は上方落語の演目の一つ。 東京に移植され …

桂枝雀(二代目)ちしゃ医者

ちしゃ医者(ちしゃいしゃ)は、上方落語の演目の一つ。 源話は噺本『太郎花』(寛政 …