【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭今輔 (五代目) 囃子長屋

   

Sponsored Link

ころは、明治。
本所林町のある長屋、大家が祭り囃子マニアなので、人呼んで「囃子長屋」。
何しろこの大家、十五の歳からあちらこちらの祭で、頼まれて太鼓をたたき、そのご祝儀がたまりにたまって長屋が建ったと自慢話しているくらい。
自然に囃子好きの人間しか越してこず、年がら年中長屋中で囃子の話をしているほど。
大家の自慢は、この名が矢に越してくる人は、商人なら表通りに見世を出す、大工なら棟梁になるという具合に、みな出世すること。

神田祭が近づいたある日。
ここ七日間も囃子の練習と称して家に帰っていない八五郎が、大家と祭り談義をしている。

「昔の(江戸時代の)祭りはりっぱだった。今と心がけが違う。江戸を繁華な町にするために、町民からは税金を取らなかった。その代わり、にぎやかな祭りをやって将軍家を喜ばせようという……丸の内に将軍家の上覧場があって」と、大家の回想は尽きない。
「山車を引き出して、ご上覧場へ繰り込む時は屋台だ。

スケテンテンテン、ステンガテンスケテケテン」囃子の口まねをすると、止まらない。

「踊りの間は鎌倉。ヒャイトーロ、ヒャトヒャララ、チャンドンドンチャンドドドチャン……スケテンテンテンテテツクツ」

「くたびれるでしょう」

「大きなお世話だ。祭りの話になると、口まねでも一囃子やらなきゃ、気がすまねえ」

すっかり当てられて家に帰った八五郎だが、かみさんが
「いやんなっちまう。文明開化の明治ですよ。古くさい祭り囃子のけいこするなんてトンチキはいませんよ」
と、腹立ちまぎれに神聖な祭りを侮辱したから、さあ納まらない。

「亭主をつかまえて、トンチキとはなんだ。てめえはドンツクだ」

「何を言ってやがる。ドンチキメ、トンチキメ」

「何をッ」と十能を振り上げ

「ドンツクドンツクメ、ドンドンドロツク、ドンツクメ」
せがれが
「父ちゃん、あぶない。七厘につまずくと火事になるよ。父ちゃんちゃん、七輪。チャンシチリン、チャンシチリン」

「トンチキメトンチキメ、トントントロチキトンチキメ」

「ドンツクメドンツクメ、ドンドンドロツクドンツクメ」

これを聞いた大家、
「ありがてえ、祭りが近づくと夫婦喧嘩まで囃子だ」と、ご満悦。

トンチキメトンチキメ、ドンツクドンツクと太鼓も囃子もそろっているから、
ひとつこっちは笛で仲裁してやろうと、しょうじを開けて

「まあいいやったら、まあいいやッ、マアイーマアイーマアイイヤッ」

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 古今亭今輔 (五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

古今亭今輔-(五代目)kokonteiimasuke
古今亭今輔 (五代目) 青空おばあさん

あらすじ 婚約者の春子の家に挨拶をしに来た秋男、70を越えたおばあちゃんにびっく …

古今亭今輔-(五代目)kokonteiimasuke
■古今亭今輔(五代目)もう半分

「もう半分」(もうはんぶん)は、落語の演目の一つで怪談話。別名「五勺酒」。 主な …

古今亭今輔-(五代目)kokonteiimasuke
古今亭今輔 (五代目)薮入り

『藪入り』(やぶいり)は古典落語の演目のひとつ。もとは「お釜さま」という、衆道を …

古今亭今輔-(五代目)kokonteiimasuke
古今亭今輔 (五代目) ラーメン屋

ラーメン屋 あらすじ 夜ふけの街角に屋台のラーメン屋。老夫婦二人で切り盛りしてい …

古今亭今輔-(五代目)kokonteiimasuke
古今亭今輔 (五代目) 印鑑証明(お役所風景)

有崎勉作(柳家金語楼)新作落語

古今亭今輔-(五代目)kokonteiimasuke
古今亭今輔 (五代目) 藁人形

あらすじ 神田のぬか問屋「遠州屋」の美人で一人娘お熊は今は身を持ち崩して、千住の …

古今亭今輔-(五代目)kokonteiimasuke
古今亭今輔 (五代目) 死神

『死神』(しにがみ)は古典落語の演目の一つ。 ヨーロッパの死神説話を三遊亭圓朝が …

古今亭今輔-(五代目)kokonteiimasuke
古今亭今輔 (五代目) ねぎまの殿様

三太夫を連れて向島の雪見にお忍びで出掛けた。本郷三丁目から筑波おろしの北風の中、 …

古今亭今輔-(五代目)kokonteiimasuke
古今亭今輔 (五代目) 成田土産(成田の土産)

明日から七日間の成田参りに出かける夫が、女房に暇乞いの交わりをしたいので、しきり …

古今亭今輔-(五代目)kokonteiimasuke
古今亭今輔 (五代目) おばあさん三代姿

あらすじ はじめの舞台は明治の頃。 電車や洋食といった西洋文化が押し寄せ目まぐる …