【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)へっつい幽霊

   

Sponsored Link

竃幽霊(へっついゆうれい)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永2年(1773年)に出版された笑話本・「俗談今歳花時」の一遍である『幽霊』。
元々は『かまど幽霊』という上方落語で、大正初期に3代目三遊亭圓馬が東京に持ち込んだ。
主な演者として、6代目三遊亭圓生や3代目桂三木助、9代目入船亭扇橋などがいる。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)文違い

あらすじ 内藤新宿の女郎お杉には馴染み客として日向屋の半七、田舎客の角蔵が贔屓に …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
★古今亭志ん生(五代目)紙入れ

解説 間男噺で『風呂敷』とよく似ている。やり方によっては艶笑的になるが、それが嫌 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 一目上がり(ひとめあがり)

Sponsored Link この噺は別名「七福神」とも言われています。 隠居の …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 寝床*

あらすじ 旦那が趣味の義太夫を語る会の準備を始めた。飲める人には酒と肴を、飲めな …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)千両みかん(千両蜜柑)

千両蜜柑(せんりょうみかん)は、古典落語の演目。 原話は、明和9年(1772年) …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)怪談牡丹灯籠(お札はがし)

[怪談牡丹燈籠]

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目) 真田小僧

前座噺とし使う場合は、サゲまでやらずに途中で切ることが多い。志ん生が、前座の頃の …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) ぼんぼん唄

Sponsored Link 江戸時代、京橋八丁堀、玉子屋新道に”源兵衛”という …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)犬の災難

『猫の災難』という噺の猫を犬に替えたもの。 鯛ではなく、隣に届いた鶏を預かったと …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 付き馬(早桶屋/吉原風景)

付き馬(つきうま)は、古典落語の演目の一つ。 原話は元禄5年(1692年)に出版 …