【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)ひつじ(干支落語シリーズ1991辛未)

      2019/06/03

Sponsored Link


桂枝雀 ひつじ

原作:小佐田定雄氏、「干支落語シリーズ1991」

「叔父さん、ほな何ですか、紙をお食べになるといぅのは、あらホンマですか?」と、枝雀師独特の“ほたら何かい入り(はいり)”から物語は始まるのです。

不眠症で悩んでいた叔父さんは「ヒツジを数えると眠りに就ける」という俗信を実行したところ、百三十五匹のヒツジが頭に詰まったまま迎えた朝の食卓上、トーストと新聞を見比べた末、トーストを見ながら新聞を食べる、という暴挙に出てしまう。

以来、包装紙・本・雑誌・ティッシュ・紙・パルプを主な食料とする生活が始まったのであるが……

書き起こし・詳細解説【上方落語メモ第10集】その485
http://kamigata.fan.coocan.jp/kamigata/rakug485.htm

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂枝雀(二代目)米揚げ笊(こめあげいかき)

友人のいかき屋から、売り子を紹介して欲しいと言われた男が1人の男を紹介。 紹介状 …

■桂枝雀(二代目)池田の猪買い(いけだのししかい)

池田の猪買い(いけだのししかい)は上方落語の演目で、北の旅噺の一つ。初代露の五郎 …

■桂枝雀(二代目)貧乏花見(長屋の花見)

「貧乏花見は落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである。江戸落語では「長屋の花 …

■桂枝雀(二代目)日和違い(日和ちがい)

あらすじ ある男が、出かけるにあたり雨に降られたら困る、というので天気はどうか、 …

■桂枝雀(二代目)かぜうどん(風邪うどん)

あらすじ 屋台のうどん屋が、いろいろと酔っぱらいにからまれ、好き勝手言って水だけ …

桂枝雀(二代目)植木屋娘

  あらすじ お金持ちの植木屋さん夫婦には一人娘がありました。みつという娘は年頃 …

桂枝雀(二代目)道具屋

道具屋(どうぐや)は古典落語の演目の一つ。 古くからある小咄を集めて、一席の落語 …

■桂枝雀(二代目)愛宕山

『愛宕山』(あたごやま)は、古典落語の演目。上方落語の演目の一つである。 春山の …

桂枝雀(二代目)馬の消えた日(干支落語シリーズ1990庚午)

■桂枝雀 馬の消えた日 原作:小佐田定雄 「干支落語シリーズ1990」 午年が明 …

桂枝雀(二代目)こぶ弁慶

  『こぶ弁慶』(こぶべんけい)は上方落語の演目の一つ。『大津の宿瘤弁慶』とも。 …