【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■露の五郎兵衛(二代目)本能寺

      2018/07/09

Sponsored Link

あらすじ

芝居小屋で「三日太平記」が演じられた。本能寺の変、武智光秀の主君小田春永への謀反を主題とした人気狂言である。いよいよ本能寺春永討死の場。森蘭丸が光秀の軍兵相手の大立ち回りを演じ劇はクライマックスに達する。そんなとき客席にいるお婆さんが持っていた袋からイナゴが逃げ出し、舞台はイナゴだらけ、芝居はむちゃくちゃである。役者がぼやく。「えらいイナゴやで。」「せやけど、なんでこんなに出てくるねん。」「大かた客が青田やからやろ。」

概説

サゲの「青田」とは芝居用語で「ただ見客」のこと。
長らく途絶えていたのを、3代目桂米朝が花柳芳兵衛(林芳男 元落語家初代桂小春団治)から伝授してもらって、1981年(昭和56年)に復活した。芝居のパロディーではなく、芝居そのものを演じなければならないため、芝居の素養がないと出来ない難しい噺である。なお、小佐田定雄と中川彰の調査でモデルの狂言は「三日太平記」(近松半二作)というのが定説となっている。

上方の芝居噺

大道具を用い噺の途中から歌舞伎の演出をとる東京と違って、上方の芝居噺は、東京と同じやり方のものと、扇子、手拭、見台などの小道具のみで人気狂言のダイジェスト版を舞台そのままに高座で演じるものがある。「本能寺」は後者の代表的な演目である。
マクラのあと、「では、これから芝居がはじまります。」と、演者は手拭いを引き幕として、柝の音とともに開けて行く。ここから芝居がはじまりますという演出である。そのあと演者は歌舞伎役者そのままに台詞、所作、立ち回りなどを演じ、見得のあと、簡単なクスグリをいれてサゲとなる。樂屋では下座はもちろん鳴物、ツケ打ちも待機している。
江戸時代後期、初代桂文治により始められ明治期の初代桂文我により完成された上方芝居噺であるが、大正から昭和期にかけ、娯楽が芝居から映画、レビュー、漫才、スポーツ、ラジオ放送など多様化するうち衰退、それに母体となる関西歌舞伎と上方落語の低迷もあって戦後はすっかり廃れていた。
わずかに東京の桂小文治や前述の花柳芳兵衛らが細々と継承していたのを桂米朝、6代目笑福亭松鶴、2代目露の五郎兵衛らの尽力で復活し、現在では「蛸芝居」・「質屋芝居」・「昆布巻芝居」・「そってん芝居」・[瓢箪場」などの上方ものはもちろん、「累草紙」などの江戸の芝居噺が移植されて演じられている。

Sponsored Link

 - 露の五郎兵衛(二代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■露の五郎兵衛(二代目)うなぎ屋(鰻屋)

新しく開業した鰻屋の主人が、上手に鰻を捌けないどころかつかむこともできずに四苦八 …

■露の五郎兵衛(二代目)雪の子守唄

木綿問屋におなご衆奉公をしていたお松に、出入りの小間物屋の長次が惚れて、夫婦にな …

露の五郎兵衛(二代目)粉つぎ屋(ふんつぎや)

「粉つぎ屋」というお商売がございます。割れた陶器などを麦漆で接ぎ、金や銀で装飾を …

露の五郎兵衛(二代目)故郷へ錦

息子が「どうしても一緒に寝たい」というので母親が仕方なしに承諾すると、 息子は金 …

露の五郎兵衛(二代目)大名道具

戦国時代ならいざ知らず、太平の世の大名は世継ぎを残すこと、つまり夜の「あッふん」 …

露の五郎兵衛(二代目) 揚子江
露の五郎兵衛(二代目)浮世床

音源:昭和51年 浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目 …

露の五郎兵衛(二代目)二八義太夫
露の五郎兵衛(二代目)小咄:もう一合/鞍馬の天狗
露の五郎兵衛(二代目)プロフィール

プロフィール 2代目 露の五郎兵衛(2だいめ つゆの ごろべえ、1932年3月5 …