【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

林家彦六(八代目 林家正蔵)一眼国

   

Sponsored Link

あらすじ

昔は本所辺りを向両国といい回向院を中心に見世物小屋が並んで賑わっていた。

いんちきな小屋も多く、「世にもめずらしい目が三つで、歯が二つの怪物」が中へ入ると下駄が片っ方置いてあったり、「八間の大灯籠」が表から入ると手を引っ張られ裏口から突き出され、「表の方から裏の方へ、通ろう、とうろう」なんてふざけたもの、赤子を食べる鬼娘なんていういかがわしい物まであった。

両国で見世物小屋を持っている香具師が諸国をめぐっている六部を家に上げ、六部が旅の途中で見聞きした珍しい物や話を聞きだそうとする。

その話をもとに本物を探し出し、見世物小屋に出し大儲けをしようという魂胆だ。

六部はそのような事は覚えがないというので、仕方なくお茶漬けを食べさせ帰そうとする。

食べ終わった六部が、一度だけ恐ろしい目にあったことを思い出したのでお礼に置き土産にして行こうという。

巡礼の途中、江戸から北へおよそ百二、三十里の大きな原の真ん中の大きな榎の所で一つ目の女の子に出くわしたという話だ。

この話を聞いて喜んだ香具師は紙に書きとめ、お世辞たらたらで六部を送り出す。

香具師は早速支度をして北へ、一つ目を探しに旅立った。夜を日に継いで、大きな原にたどり着く。見ると原の真ん中に一本の大きな榎。

足を早め近づくと、「おじさん おじさん」の子どもの声、「いいものあげるから、おいで おいで」といい、そばへ寄ってきた子どもを抱え込む。

びっくりした子どもが「キャー」と叫ぶと、竹法螺、早鐘の音とともに、大勢が追って来る。

子どもも欲しいが命も欲しく、子どもを放りだし一目散に逃げ出したが馴れない道でつまづき、捕まってしまう。

村の役人の前へ引き出され、回りを見るとが皆、一つ目。

役人「これこれ、そのほうの生国はいずこだ、……生まれはどこだ、なに江戸だ、かどわかしの罪は重いぞ、面を上げい……面を上げい」

百姓「この野郎、つらあげろ」

役人「あっ、御同役、御同役、ごらんなさい、こいつ不思議だね、目が二つある」

役人「調べはあとまわしだ、早速、見世物へ出せ」

[出典:http://sakamitisanpo.g.dgdg.jp/itigannkoku.html
]

Sponsored Link

 - 林家彦六(八代目 林家正蔵)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

林家彦六(八代目 林家正蔵)菊模様皿山奇談(弐)~楼門の場

かつて将軍家から拝領した菊模様の三十枚の皿、この皿を割った者は指を切るとの遺言が …

【リレー落語】三遊亭圓生~林家正蔵【真景累ヶ淵】
■林家彦六(八代目 林家正蔵)五人廻し
林家彦六(八代目 林家正蔵)首提灯

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、安永3年(1774年) …

林家彦六(八代目 林家正蔵)耳無し芳一(耳なし芳一)

原作;耳無芳一の話(ラフカディオ・ハーン) THE STORY OF MIMI- …

■林家彦六(八代目 林家正蔵) 死ぬなら今

あらすじ しわいやのケチ兵衛という男、爪に灯をともすようにして金を貯め込んできた …

林家彦六(八代目 林家正蔵)普段の袴

あらすじ 上野広小路の御成街道には、お侍相手の武具店が多くあった。 そのうちの一 …

林家彦六(八代目 林家正蔵)ステテコ誕生

「ステテコ踊り」で有名になった明治時代の落語家、初代三遊亭圓遊にまつわる噺。 「 …

■林家彦六(八代目 林家正蔵)毛氈芝居(もうせんしばい)
林家彦六(八代目 林家正蔵)しわい屋

ある吝嗇家の処にこれまたケチな男がケチの極意を教わりにやってきます。 まず扇子の …