【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎/家見舞い(肥瓶)

      2020/10/27

Sponsored Link

「家見舞」は古典落語の演目の一つ。「肥瓶」とも呼ばれる。
上方では「祝いの壺」という演題で行われる。

あらすじ

江戸に住む二人組は知り合いが新築の家を建ててそこへ引っ越したため、引越祝いを贈ろうと考える。
何を贈ろうかと二人は話し合った結果、水瓶をプレゼントすることにするが、しかし、二人の手持ちは二人合わせてたったの五十銭しかない。
古道具屋なら、安いものがあるのではと考え、いろいろと回るが、当然そんな水瓶があるわけがない。

途方に暮れていると、ある古道具屋の主人がこの瓶なら無料で持っていっていいという。
喜ぶ二人だが、それは水瓶ではなく肥瓶、しかもかなり使い込まれ、こびりついてとれない汚れもある。
しかし、背に腹は変えられないと言って、二人はその瓶を引き取る。

そのまま渡したらバレるであろうから、まず二人は瓶に水を張り、その際に手についた汚れや臭いを落とすために湯屋に行き、隠蔽工作もバッチリにして例の友人の新宅にそれを持っていく。

何も知らずもらった友人は大喜びし、お礼にごちそうしてくれると言う。
しかし、出される料理はどれもその瓶から汲んだ水で炊かれたご飯や、湯豆腐であるため、事情を知る二人は手を付けられずにいる。

そんな二人を不審に思いつつ、友人は瓶を見ると、水瓶の水は変にブクブク泡立ち、汚れが大量に浮いている。
それでも友人はそれを「古物特有の汚れ」だと思い、「この瓶の水は澱が酷いな。
今度フナを2、3匹持ってきてくれ、フナは澱を食うらしいからな」と言う。

そんな友人の発言に対して、二人のうちの一人は
「フナには及ばんよ。何しろその瓶にはついこないだまでコイ(肥)が泳いでいたのだからな」

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家喬太郎/反対俥(はんたいぐるま)
柳家喬太郎/お菊の皿(皿屋敷)

お菊の皿(おきくのさら)は古典落語の演目の一つ。 古典的な怪談である皿屋敷を下敷 …

柳家喬太郎/すみれ荘二〇一号

あらすじ ワンルームマンションで彼氏と二年半も同棲している女子大生の裕美子が主人 …

■柳家喬太郎/夜の慣用句

落語 柳家喬太郎 「夜の慣用句」 夜の慣用句(よるのかんようく)は、柳家喬太郎に …

柳家喬太郎/宮戸川(前半・後半)

前半あらすじ 小網町に住む半七は、友人宅で将棋を指していて帰りが遅くなってしまい …

柳家喬太郎/寿司屋水滸伝

あらすじ 舞台は、とある寿司屋。 この店の主人は二代目で、洋食料理の修業はしたが …

柳家喬太郎/東京タワー・ラヴストーリー

あらすじ 38歳独身、彼女なし。北海道の田舎から出てくる可愛い女の子と初デート! …

■柳家喬太郎/時そば(時蕎麦)

副題:コロッケそば

■柳家喬太郎/歌う井戸の茶碗(井戸の茶碗改作)

2010年1月27日「赤坂BLITZ寄席LIVE」にて

柳家喬太郎/紙入れ

紙入れ(かみいれ)は、古典落語の演目の一つ。 いわゆる「艶笑落語(バレ噺)」であ …