【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎 家見舞い(肥瓶)

   

Sponsored Link

「家見舞」は古典落語の演目の一つ。「肥瓶」とも呼ばれる。
上方では「祝いの壺」という演題で行われる。

あらすじ

江戸に住む二人組は知り合いが新築の家を建ててそこへ引っ越したため、引越祝いを贈ろうと考える。
何を贈ろうかと二人は話し合った結果、水瓶をプレゼントすることにするが、しかし、二人の手持ちは二人合わせてたったの五十銭しかない。
古道具屋なら、安いものがあるのではと考え、いろいろと回るが、当然そんな水瓶があるわけがない。

途方に暮れていると、ある古道具屋の主人がこの瓶なら無料で持っていっていいという。
喜ぶ二人だが、それは水瓶ではなく肥瓶、しかもかなり使い込まれ、こびりついてとれない汚れもある。
しかし、背に腹は変えられないと言って、二人はその瓶を引き取る。

そのまま渡したらバレるであろうから、まず二人は瓶に水を張り、その際に手についた汚れや臭いを落とすために湯屋に行き、隠蔽工作もバッチリにして例の友人の新宅にそれを持っていく。

何も知らずもらった友人は大喜びし、お礼にごちそうしてくれると言う。
しかし、出される料理はどれもその瓶から汲んだ水で炊かれたご飯や、湯豆腐であるため、事情を知る二人は手を付けられずにいる。

そんな二人を不審に思いつつ、友人は瓶を見ると、水瓶の水は変にブクブク泡立ち、汚れが大量に浮いている。
それでも友人はそれを「古物特有の汚れ」だと思い、「この瓶の水は澱が酷いな。
今度フナを2、3匹持ってきてくれ、フナは澱を食うらしいからな」と言う。

そんな友人の発言に対して、二人のうちの一人は
「フナには及ばんよ。何しろその瓶にはついこないだまでコイ(肥)が泳いでいたのだからな」

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家喬太郎 いし

あらすじ 月曜日の朝、アパートの部屋でひとりの男が目を覚ましました。 35歳独身 …

柳家喬太郎 純情日記 渋谷編
柳家喬太郎 錦の袈裟

錦の袈裟(にしきのけさ)は落語の演目の一つ。 原話は、安永6年(1777年)に出 …

柳家喬太郎 孫帰る

もうすぐ夏休みで、夏休みといえば祖父の家に遊びに行ったことを思い出す、とあって、 …

柳家喬太郎/午後の保健室

ある中学の午後の保健室、やったらおっさん臭い喋りをする男が一人、ベッドで横になり …

柳家喬太郎 喜劇駅前結社

あらすじ そば屋の親父が娘に小言を言う。 娘はそば屋としての腕もいいが、たらこざ …

柳家喬太郎 花筏
柳家喬太郎 鬼背参り(おにのせまいり)

浮気ものの若旦那、遊びが過ぎて江戸を離れていたが、このたび親元に戻って来ている。 …

柳家喬太郎 寿司屋水滸伝

あらすじ 舞台は、とある寿司屋。 この店の主人は二代目で、洋食料理の修業はしたが …

■柳家喬太郎/時そば(時蕎麦)

副題:コロッケそば