【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■三笑亭可楽(八代目)今戸焼

   

Sponsored Link

あらすじ

夕刻亭主が帰宅したら女房がいない。
「あの野郎。どこへ行きやがった。ははあ。こんところ、かみさん連中寄るといつもべしゃべしゃ芝居(しべえ)の話してやがったから、芝居いきやがったんだよ。あん畜生め、……別に芝居行くのはかまわないけどさ、晩飯一人で火をおこす身にもなってみやがれってんだ。」

「この前呼ばれた友達んとこは新婚でいいなあ。それにくらべて俺んとこは……止せばよかった舌切雀、ちょいとなめたが身の因果っていうけれど、えれえもん、なめちゃったねえどうも。今や悲しき六十歳だね。」

と一人でぶつぶつ女房の不満をこぼしているところへ、女房が帰ってくる。

案の定近所のかみさんと一緒の芝居見物の帰りであった。すっかり膨れている亭主を見て
「あらお前さん、どうしたの。どうしたのってさ。まあ、いやだ、怒ってるの。お前さん怒ってる方が顔が苦み走っていいよ。普段でれりぼおってしてるよりよっぽどいいわよぉ。」

「そんなおこってばっかりじゃ顔疲れちまうよ。どこ行ってたんだい。」

「芝居。」
とあっさり答えられ、亭主は怒る気もなくなり「そらア……行っちゃだめだとは言わないよ。
家で待ってる俺の身にもなってくれよ。」と愚痴をこばす。

だが、「あら。怒ることないじゃないの。あたしだって蔭で亭主のこと悪く言ってないわよ。」と言われるとそこは夫婦。
「そうかい。だが、おめえの芝居の話きいてるとよ。元っさんは宗十郎に似ている。三吉ッあんは吉右衛門に似てますって、よその亭主のことばかりだ。物にはついでてえものがある。浮世には義理てえものがある。夫婦の仲には人情てえものがある。……ヘヘンてんでェ。俺は誰に似てるんだ。」

「あら、あたしだってちゃんと手を廻してますよ。」

「じゃあ誰に似てるんだ。」

「お前さん福助。」

「あの役者のか。」

「なあに、今戸焼の福助だ。」

概略

歌舞伎がテーマとなっているので、歌舞伎役者の知識がないとわからない。ここでいう「宗十郎」は古風な芸で人気のあった7代目澤村宗十郎を、「吉右衛門」は6代目尾上菊五郎とならぶ名優初代中村吉右衛門を、「福助」は夭折した美貌の女形成駒屋5代目中村福助をそれぞれ指している。いずれも大正期から戦前にかけて人気のあった歌舞伎役者である。

この話は半分が亭主のモノローグで、語り口の巧さが出来を左右する。8代目三笑亭可楽の口演は、独自の口調で良い味を出していた。10分足らずの小品だが、芝居の雰囲気や夫婦の人情の機微が見事に描き出されている。

9代目桂文治は歌舞伎を映画にアレンジして、映画好きの女房が登場する演出をとって『映画女房』と題して演じていた。サゲも「俺も映画俳優に似ているっていうからすっかり嬉しくなってね。『誰に似てんだよ。』ってたら、『お前さん、渥美清』って言いやがる。」としていた。

Sponsored Link

 - 三笑亭可楽(八代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三笑亭可楽(八代目)岸柳島(巌流島)

岸柳島(がんりゅうじま)は古典落語の演目の一つ。 「巌流島」とされる事もある(理 …

三笑亭可楽(八代目)明烏
三笑亭可楽(八代目)笠碁

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。上方落語であったが、東京に移植された。囲 …

三笑亭可楽(八代目) 長屋の花見

歴史的音源

三笑亭可楽(八代目) にらみ返し

睨み返し・にらみ返し(にらみかえし)は、古典落語の演目の一つ。原話は、安永6年( …

三笑亭可楽(八代目)大山詣り

元々は「百人坊主」という上方落語の演目とされるが、滝亭鯉丈の作品で文政4年(西暦 …

三笑亭可楽(八代目) 石返し

あらすじ 少しばかり頭が薄明状態の松公は、夜なきそば屋のせがれ。 親父の屋台の後 …

三笑亭可楽(八代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

三笑亭可楽(八代目) 尻餅(しりもち)

あらすじ 八五郎の家では、大晦日だというのに夫婦喧嘩をしている。 隣近所では餅つ …

三笑亭可楽(八代目)甲府い

あらすじ 甲府育ちの善吉。 早くから両親をなくし、伯父夫婦に育てられたが、今年二 …