【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂三木助(三代目)蛇含草

   

Sponsored Link

上方落語発祥の古典落語で、大食いを自慢する男と謎の薬草をめぐる滑稽噺。
主な演者に上方の2代目桂枝雀、東京の4代目三遊亭圓生、2代目桂小金治、2代目桂文朝らが知られる。蛇眼草とも表記する。

東京で演じられる「そば清」は、三代目桂三木助が、上方の「蛇含草」の登場人物と主題になる食べ物を大きく改変した演目。

あらすじ

町内の隠居さんの軒先に草がぶら下がっている。

この草はうわばみ(蛇)が人間なんかを飲み込んだ時に、この草をなめると人間が溶けるというものでまじないのために軒先にぶら下げているのだと隠居は言う。

そこで、この草を半分もらい着ている甚兵衛の紐に結び付けた。

隠居さんが丁度、餅を食べるところだと言うので、餅は大好物で五、六〇個ぐらい朝飯前だと大口をたたく。

最初は調子よく食べ出したが全部食べきれず少し残して家に帰った。

家に帰っても腹の調子が悪くなり、床を敷かせて横になるが、気分が悪く胸を撫でている内に、紐に結び付けた草をさわった。

蛇にも胸やけに効くのだから人間にも効くだろうと、むしゃくしゃと草を食べてしまった。

隠居が心配してたずねて来て、寝ている部屋の障子をあけると……

餅が甚兵衛を着てあぐらをかいていた。

[出典:http://ranshi2.way-nifty.com/blog/2012/05/post-fdc6.html]

Sponsored Link

 - 桂三木助(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂三木助(三代目)加賀の千代

暮れも押し詰まって大晦日。それなのに金策が出来ていない甚兵衛亭主の尻をたたく女房 …

桂三木助(三代目)さんま火事

昭和31年(1956年)9月の音源 初代林家正楽(一柳金次郎)作 長屋の愉快な連 …

桂三木助(三代目) 三井の大黒

三井の大黒(みついのだいこく)は落語の演目の一つ。名人と呼ばれた大工・左甚五郎を …

桂三木助(三代目)崇徳院

元々は上方落語の演目で、後に東京でも口演されるようになった。 『崇徳院』は、小倉 …

桂三木助(三代目) 御神酒徳利

※途中、録音状態が悪い部分があります。

桂三木助(三代目) ねずみ

落語「ねずみ」 江戸に下り、大工、政五郎の家に居候していた左甚五郎が、奥州の旅に …

桂三木助(三代目)近日息子

近日息子(きんじつむすこ)は上方落語の演目の一つである。 概要 初代桂春團治や2 …

桂三木助(三代目)長短【十八番】

気の長い長さんと、むやみに気短な短七の二人は幼なじみ。 性格が正反対だが、なぜか …

桂三木助(三代目) 鉄拐

鉄拐(てっかい)は落語の演目の一つ。原話は、文化年間に桜川慈悲成が出版した笑話本 …

桂三木助(三代目) 芝浜

『芝浜』(芝濱、しばはま)は古典落語の演目の一つ。 三遊亭圓朝の作とされるが不確 …