【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)地獄八景亡者戯

      2019/06/19

Sponsored Link

『地獄八景亡者戯』(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)は、上方落語の演目の一つである。江戸落語では『地獄めぐり』と呼ばれる。

旅噺に分類され、「東の旅」こと『伊勢参宮神之賑』の一部に組み込まれたこともある(作中に登場する軽業師「和矢竹の野良市」は「東の旅」の一つ『軽業』に名が見られる)。

通しで演じると1時間超である上、全編を通じて時事ネタを交えたギャグが入り、身ぶり手ぶりを交えた演出も多いなど、話し手にかなりの力量を要求する大ネタである。

3代目桂米朝の十八番として知られるが、1990年(平成2年)11月の「正岡容三十三回忌追善公演」(東京・イイノホール)を最後に演じなくなった。
代わりに米朝一門を中心とした中堅世代が、次へのステップアップとして挑戦するケースが増えている。

米朝以外では2代目桂枝雀、桂文珍、桂吉朝、4代目桂文我、桂雀々、桂九雀、桂吉弥らの口演が知られる。
2010年11月には4代目林家染丸が「染丸特撰落語会」で独自の解釈を加えた染丸版を演じ、雀々は高座に地獄のセットを組み宙吊りになって演じる「スーパー落語」がある。

九雀はハメモノを三味線だけでななくマリンバを入れて演じる独特なスタイルで初演した。
天保年間に起源を求めることが出来る演目であり、米朝によると、1839年に刊行された安遊山人作の「はなしの種」という小咄本に出てくるのがもっとも古いものだという。

昭和戦前期には5代目笑福亭松鶴(タイトルは「弥次喜多地獄の旅」。
SPレコードが残っている)、3代目笑福亭福松らが伝えているに過ぎなかった。

今日の「地獄八景」は、米朝が1954~55年頃に福松から教わり(福松が上方2代目文の家かしく時代に京都で演じたのを見に行っているが、晩年にさしかかった時期の口演だったので聞き取りにくかったらしい)、再構築したものを基にしている。

東京では三遊亭圓遊代々の噺(「地獄巡り」)として、4代目圓遊(加藤勇)の録音も残っているが、内容が少し異っていて所要時間も短い。

サバの刺身を食べて食当たりで死んだ男が冥土への旅路で伊勢屋のご隠居と再会するところから始まり、三途の川下り、六道の辻、賽の河原、閻魔の庁などおなじみの地獄の風景を主人公が入れ替わりつつ描写し、地獄行きの判決が下った4人の男があれやこれやの手で鬼を困らせる下りまでを描く。

通常のサゲ「大王を飲んで下してしまう」は、漢方薬の大黄にかけているが、馴染みにくいこともあり、枝雀は「嘘をついたら地獄で閻魔大王に舌を抜かれる」という警句を踏まえたサゲに変えている。

三途の川岸のお茶屋の娘が三途河(しょうづか)の婆の半生や渡し舟の変遷を語る場面や賽の河原の場面は、世相を反映したギャグを入れやすい。

米朝は渡し舟の件りでポートライナーやウォーターライドを登場させ、1990年の京都での口演(毎日放送『特選!!米朝落語全集』収録)では賽の河原を、当時タレントショップが相次いで進出していた京都嵐山に見立てていた。

六道の辻には地獄の目抜き通り「冥途筋」(御堂筋のもじり) が走り、芝居小屋や寄席が軒を連ねている。
寄席では古今東西の落語の名人上手が居並ぶが、米朝はここで自身の名を出して「近日来演」とやるくすぐりを入れる。
米朝の実子・小米朝(現5代目桂米團治)はここに「20年も前から『近日来演』の札が掛かっている」とツッコミを入れる。

また江戸落語の「地獄めぐり」では、特にベテランの落語家が口演する際、この場面で7代目(当代)立川談志を登場させて揶揄する場面が見られる。
閻魔の庁へ向かう途中に見える「紙の橋」のスケッチでは、米朝の弟子である桂吉朝は口演時点での人気力士の名を出して、体重ではなく渡る者の罪が重いと崩れると言われる橋の特徴を述べるが、ここで比較対象として、上方噺家の中でも一、二を争う痩身だった3代目桂文我と2代目桂春蝶を登場させて、笑いを取っていた。

恐ろしい形相で閻魔大王が出御する場面は、CD・DVDのジャケットを飾るなど本演目の象徴であるが、もとが童顔の枝雀は敢えて柔和な表情で登場してみせた。

また米朝は閻魔の顔を見せた後、片手で顔を隠しつつ「これやるとしばらく顔が元に戻らんようになります」とくすぐりを入れている。

閻魔の庁での一芸披露大会では、枝雀は動物の物真似を、吉朝は師・米朝ら先輩落語家の「出」(高座に上がること)を出囃子付きで演じてみせた。

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■桂枝雀(二代目)春風屋

年が明けてめでたいことじゃ。こんな時には酒に限る。ちらちら降り出したな、雪見酒。 …

桂枝雀(二代目)景清(かげきよ)

『景清』(かげきよ)は、古典落語で上方落語の演目の一つ。 この作品は笑福亭吾竹の …

■桂枝雀(二代目)延陽伯(たらちね)

あらすじ 長屋の世話好きな大家さんが、店子の八つあん(八五郎)に嫁の話をもちかけ …

■桂枝雀(二代目)池田の猪買い(いけだのししかい)

池田の猪買い(いけだのししかい)は上方落語の演目で、北の旅噺の一つ。初代露の五郎 …

桂枝雀(二代目)米揚げ笊(こめあげいかき)

友人のいかき屋から、売り子を紹介して欲しいと言われた男が1人の男を紹介。 紹介状 …

桂枝雀(二代目)不精の代参

不精の代参(ぶしょうのだいさん)は上方落語の演目の一つ。 3代目桂米朝、2代目桂 …

桂枝雀(二代目)恨み酒

あらすじ 開店前の飲み屋に入って来た男、 「何年も前に来たが、酒も肴もおいしかっ …

桂枝雀(二代目)胴斬り

あらすじ 時は幕末。何かと言うと物騒な時代で、巷には辻斬りが横行したという。 あ …

桂枝雀(二代目)道具屋

道具屋(どうぐや)は古典落語の演目の一つ。 古くからある小咄を集めて、一席の落語 …

桂枝雀(二代目)産湯狐

  しばらくのあいだ、お付き合いを願うのであります。「狐・狸は人を化かす」といぅ …