【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂枝雀(二代目)上燗屋

      2018/12/09

Sponsored Link

あらすじ

「おやっさん。一杯何ぼやねん、一杯十銭?一杯もらおか」
「ありがとうございます。すぐにお付けいたしますんで」
「おっさん何やねぇ、わい、日が暮れ好っきゃねん。仕事終えて帰ってきて、明るいよぉな、暗いよぉな、たらまず一杯呑むのんね」
「できましてございます」
「『上燗』とこぉ書いたぁるけど、こら何のこっちゃい?」
「お酒の燗を言ぅたもんでございまして、熱なし、ぬるなしで上燗でございます。燗だけには気ぃ使ことりますよぉなこってございます」
「おっきありがとぉ。上燗にしてくれた(呑む)。どこが上燗ですか?喉へクククッと入りましたですよ。ぬる燗ですね。熱してもらいたい」
「まことに相済まんこってございます。湯がちょっと、いっぺん熱したんですけど、また冷めたんやろと思います。すぐに熱くいたします」
「済まないねぇ、熱してくれた?おっきありがと。(呑む)熱ッ、ちょっと熱いよこら、呑んで呑めんことはないけど、ちょっとうめてんか」
「また入れますとお勘定がややこしなりますので」
「そんなことあれへん、何ぼ呑んでも十銭しか払えへん」
「ちょちょ、ちょっと待っとくれやすな」
「分かってるがな、あとで勘定したらえぇ。ちょっと継ぎ足してんかっちゅうねん。おっきありがと(呑む)美味いッ!やっと上燗にたどり着いたねぇ。おい上燗屋、豆こぼれたぁる、この豆何ぼや?」
「こぼれた豆でございますのでなぁそれ、こぼれた豆ではお金が頂戴しにくございますねぇ」
「タダか?たらなら食てみたろ。ここらのホコリにちょっとまぶれたぁる、これが何とも言えん洒落たぁる(食べる)。これ、何や?」
「これでございますか。イワシのカラまむしでございます。オカラを酢で味付けしたもんで、こぉイワシをまむしてございます」
「このオカラだけが食いたいねんけど、こら何ぼや?」
「イワシが本体でございますんで、オカラだけでは、ちょっとお金は頂戴しにくございます」
「ただより安いものは無いちゅうねんで、このオカラどんな味付けしとるかいなぁ、(食べる)これ旨い、これいけるいける。こら人に売れるで」
「売ってるんでございます」
「上に赤ぁいもん乗ったぁる、これ何や?」
「あぁ、紅生姜でございます」
「紅生姜、たまらんなぁ。何ぼや、これなんぼや?紅生姜何ぼや?」
「今も申しましたようにイワシのカラまむしの上に、ちょっと乗せてますのでですねぇ、紅生姜だけではお金頂戴しにくございます」
「お前とこなんや、ただのもんばっかり置いてるんですか?」
「あんたが、ただのもんばっかり尋んねたはりますねん」

「ハッハッハッハッ、ごっつぉさん、おっきありがと。何ぼになるな?」

「もぉ、豆はいかれてるわ、オカラだけ食べなはるわ。そぉでんなぁ、ほなまぁ、二十五銭だけもろときまひょか」

「二十五銭?ありがたいなぁ、これだけ呑み食いして二十五銭、こいつは安い。こんな安い店初めてや、ハハハァ~ッ、何ぼか負からんか?」

わぁぁぁあ……
おなじみの上燗屋というお笑いでございます。

 

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀(二代目)蛇含草

あらすじ 夏のある日。一人の男が甚平を着て友人(東京では隠居)の家に遊びに行った …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀(二代目)夏の医者

「夏の医者」(なつのいしゃ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、明和2年(176 …

桂枝雀
桂枝雀(二代目)蔵丁稚(四段目)

『四段目』(よだんめ)は、古典落語の演目の一つ。上方では『蔵丁稚』(くらでっち) …

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀(二代目)壷算(つぼ算)

壷算(つぼざん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出版さ …

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀(二代目)英語落語 動物園 Rakugo in English WHITE LION (ZOO) by Katsura Shijaku
桂枝雀
桂枝雀(二代目)始末の極意(しわい屋)

始末の極意(しまつのごくい)は古典落語の演目の一つ。 同題は上方落語での演題であ …

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀(二代目)兵庫船(兵庫舟)

兵庫船(ひょうごふね)は古典落語の演目のひとつ。 原話は、文化年間に出版された笑 …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀(二代目)鉄砲勇助(嘘つき村)

『鉄砲勇助』は1773年(安永2年)に刊行された笑話本『口拍子』の一編 「角力取 …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀(二代目)七度狐

『七度狐』(しちどぎつね/ななたびきつね)または『七度狐庵寺潰し』(しちどぎつね …

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀(二代目)山のあなた

あらすじ 毎日同じことの繰り返しで、朝目が覚めるなり、嫁さんにぎゃあぎゃあ言われ …